2017
07.28
74-1

SEO対策では新規ユーザーの獲得どまり。コンテンツ作りはユーザー目線を意識して!


自社サイトの運用ではSEO対策は基本中の基本ですが、それだけでは新規ユーザー獲得のみで終わってしまうかも…SEOの先にあるのは、サイトのファンを増やすこと。獲得したユーザーが、何度も訪れて貰うために大切なのは、ユーザー目線のコンテンツ作りです。

・コンテンツSEOとコンテンツマーケティング。

SEOには内部・外部的要素がありますが、コンテンツSEOでは、内部的要素を重視し、ホームページの内容を、検索エンジンが好んで、 認識しやすい形式にすることが大切です。これらを意識したSEO対策をすれば、多くのキーワードで上位表示が実現できます。
コンテンツマーケティングでは、自社サイトを安定して運用するために、閲覧者との長期的な関係を意識したコンテンツ作りに、蓄積を重視して、継続した集客でファンを増やすことを重視としています。

・なぜコンテンツSEOは新規ユーザーの獲得のみで終わるようになったのか。

これまではSEO対策を行い、サイトを検索エンジンの上位に表示させれば、安定的にトラフィックを得られメリットがありましたが、検索シェアの大半を占めるGoogleは、日々、質の高いコンテンツが評価されるようにアップデートされており、これまでのSEO対策の基本であった、”検索順位を上げる”ことや”とりあえずコンテンツを増やす”といった手法では、評価されなくなってしまったのです。
さらに、情報量が増え続けても、時間が増えるわけではないので、ユーザーが情報を取捨選択する時代になったので、マス重視ではなく、セグメントしたユーザーへと適切なコンテンツを提供することが、より重要視されるようになりました。

・ユーザーを意識したコンテンツ作りに提供。

新聞の特売折り込みチラシに、店舗にセールポスターを並べているだけでは、お客との関係はその場で終わってしまい、長期的な顧客獲得にはいたらないでしょう。
Webマーケティングでも、短期型やマスでは長期的な顧客獲得には至らず、逆に時間を使わせてしまい、ユーザーを遠ざけてしまうかもしれません。しっかりとユーザーの立場になって、実際に接する顧客と同じように、密接な関係構築を目指すことが重要です。
現在、SEO対策はスタンダードとなり、その先にいるファン獲得対策をしなくてはなりません。ユーザーを意識したコンテンツを継続的に発信し、見込み客も顧客へと育成することで、あらたな長期的ユーザーの獲得につながるでしょう。そして、エンゲージメントの強化をして、関係を構築することでファンは増え、安定したサイト運用ができるはずです。
plllogo33