ユーザーエクスペリエンス(UX)

ユーザーが直面するあらゆる場面での体験、または、体験によってもたらされる体感、心地、感想などを指す言葉です。

ITに限らず、例えば、買い物、旅行、レジャーなど、あらゆる場面でそれは起こりますが、例えば、観光地に旅行に行って、そこがどのように楽しめたか、または楽しめなかったかということも入りますし、旅行には行かなくても、旅行雑誌で観光地の説明を見たとき、どのような想像をふくらますことができたか、それが楽しかったか、などということもこの言葉の意味に含まれます。例えばITにおいては、『検索してたどり着いた最初のサイトページに欲しい情報があるか否かを、ユーザーは3秒以内で判断する』と言われるように、ユーザーは瞬間的に判断し行動しています。この場合、情報内容よりも、感覚、体験で判断している可能性を重視して、ユーザーエクスペリエンスを向上させる必要があります。