2014
10.31
thrwide

拡散しやすいコンテンツを作る3つのポイント


コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを絶えず継続的に発信してくことで、自社サービスに興味のある見込み客を集めていくマーケティング手法です。もちろんマーケティングの成果として、売上への貢献を目指すべきではありますが、まずはコンテンツを発信し続けることにより、自社メディア・サービス・製品・事業・ブランドの認知を上げることが大切です。

もちろん、コンテンツマーケティングは即効性があるタイプのマーケティング手法ではありませんので、中長期の期間を定めて効果測定していく必要があります。このように継続的なアクションが求められるコンテンツマーケティングにおいてはどうしてもコンテンツ不足に陥りがちです。

そこで今回はコンテンツが露出・拡散しやすくなる3つのポイントをご紹介したいと思います。

1.検索エンジンからの閲覧者を意識したコンテンツ
インターネットマーケティングにおいて、現時点で多くのトラフィックを期待できる最大の集客ソースはなんといっても検索エンジンに他なりません。検索エンジンで情報を探しているユーザーがどのような情報を求めているのかを調査し、それを可能な範囲でコンテンツに反映させていきましょう。

2.ソーシャルメディアでの情報拡散を前提としたコンテンツ
コンテンツマーケティングでは「人に教えたくなる情報」を配信することも重要なポイントです。人に教えたくなる要素を取り入れることで、見込み客がFacebookやTwitterなどへ投稿し、結果として多くのユーザに情報が拡散されていくことに繋がるからです。例えばインパクトや驚きがあったり、感動を呼ぶようなコンテンツなどが望ましいでしょう。

3.ファンを生み出すコンテンツ
最後は配信したコンテンツでファンを獲得していくことを意識しましょう。特にソーシャルメディアなどではファンになってもらわないと、継続的に情報を伝えることが難しくなってしまいます。ファンになってもらうためには大勢の人に興味を持ってもらうことを狙うより、個人に深く刺さるようなコンテンツが効果的です。

以上のような点に気をつけながらコンテンツを作成していくことをおすすめします。ひとつのコンテンツですべての要素を満たすことは難しいと思いますので、記事に組み込む要素をローテーションでまわしていきながらコンテンツを作成していくと良いのではないでしょうか。

plllogo33pushlogo34