2014
01.08
2014

2014年のコンテンツマーケティングのトレンド


昨年はコンテンツマーケティングという言葉が大きく話題になりました。

日本でも関連する書籍や議論を見かけることが多くなり、コンテンツマーケティングに関するサービスを提供する企業も増えてきました。

しかしコンテンツマーケティングを考えていく過程で必ずと言っていいいほど、「良質なコンテンツをどのように作ればよいのか?」という問題に直面します。

コンテンツマーケティングにおける良質なコンテンツとは、ソーシャルメディアなどでエンゲージを獲得するだけではなく、サービスの購入またはそれに通じるアクションに繋がることが求められるからです。

そのため外部サービスの導入を検討したり、自社で試行錯誤を重ねている方も多いのではないかと思います。この問題も含め2014年、コンテンツマーケティングはどのようなトレンドが予測されるのでしょうか?

これに対してコンテンツプロバイダであるBKA Content社のGreg Secrist氏は、検索ユーザーへの回答をコンテンツとして作成する流れになると述べています。

「良質なコンテンツ、著作者のコンテンツ、およびFAQタイプのコンテンツに重点を置くようになると予測する」
「ユーザーに響き、検索の疑問に答えられるコンテンツを創ることに集中するようになるだろう」

多くの企業にとって「ユーザーがアクションを起こすにはどのようなコンテンツが必要なのか?」をサイトの運営戦略と一体的に考え、実施し、検証していく流れが本格化する1年になるのではないかと予測されます。
plllogo33
参考資料:Leading Experts Predict The Content Marketing Trends for 2014
http://www.searchenginejournal.com/leading-experts-predict-content-marketing-trends-2014/81953/