2016
05.13
0513-2

流入数・成約数を劇的に向上させるためのコンテンツプランニング術


コンテンツマーケティングの肝となるサイトのコンテツプランニング術をご紹介します。集客と成約のバランスを意識したプランニングが重要です。

コンテンツマーケティングを成功させるには、効果的なサイトが必要不可欠です。
効果的なサイトの定義はいくつか考えられますが、「成約率の高いサイト」はそのひとつと言えるでしょう。
成約率を高めるには、まずは集客力、つまりアクセス数を増やしていかねばなりません。そしてアクセス数を増やして成約率を高めるには、今回ご紹介するコンテンツプランニング術が効果的。以下3つのポイントをおさえることで、効果的なサイトを作ることができます。

●効果を最大化するコンテンツの全体比率
コンテンツマーケティングにおけるサイトでは、「物を売りつけてくる」という雰囲気を極力出さないことが大切です。あくまでも「有用な情報がたくさん掲載されているお役立ちサイト」という体を全面に出すようにしましょう。まずは、訪問者にサイトを信頼してもらうことが不可欠だからです。
物を売りつけてくる雰囲気のサイトに対して、訪問者は安心や信頼を感じません。そこで、集客コンテンツと成約コンテンツの比率は8:2が良いでしょう。

●有用な情報で人を呼びこむ「集客コンテンツ」
集客コンテンツは、サイトに人を呼びこむことだけを目的としたコンテンツです。自社商品の話は一切してはいけません。訪問者の悩みを解決するような役に立つコンテンツを書きましょう。
その際にも、1つのテーマを細分化して複数の記事に分けてはいけません。1つのテーマは1記事で完結させること。この意識が、価値あるコンテンツを作る基本となります。

●自社商品を購買さえる「成約コンテンツ」
成約コンテンツでは、自社商品を紹介して、訪問者を購買につなげます。あくまでも集客コンテンツで紹介した内容の延長という形で、悩みを解決するためのソリューションとして商品を紹介することを意識してください。

●まとめ
サイトを使って物を売るということを考えると、どうしても成約コンテンツの比率が高くなりがちです。
しかし、大切なのはサイトを信頼してもらうこと、サイトのリピーターになってもらうことです。そのリピーターが顧客になっていくのですから、この基本を忘れないようにしましょう。
plllogo33