2018
07.04
0704

あなたのビジネスに最も適したSNSはどれでしょう?


皆さんはどのSNSを使っているでしょうか?

Facebook・Instagram・twitter・LINEなど複数のSNSを連動して行なっている方が多いでしょう。そこで今回は各SNSのユーザー数を紹介させていただきます。各SNSに特徴がありますから、これからビジネス等で活用しようと考えている方はそれらを理解してから活用するSNSを決めて頂ければと思います。

各SNSのデータまとめ

ここではFacebook・twitter・LINE・Instagramのデータをご紹介させていただきます。データはすべて日本国内のものになります。

【Facebook】

・国内月間アクティブユーザー数:2,800万人(2017年9月)
・月間アクティブ率 56.1%(2015年6月)

<特徴>
最もユーザー数の多い年齢層が40代であり、逆に10代の利用者が最も少ない。
この事から30代以上の世代を狙う上でFacebookは有効な手段とも言える。
ユーザー数もまだまだ増加傾向にあり、Facebookページ数も増えているためこれから更にビジネスで活用する企業が増える傾向にある。

【twitter】

・国内月間アクティブユーザー数:4,500万人(2017年10月)
・月間アクティブ率:70.2%(2015年6月)

<特徴>
Facebookよりも利用者が多く、特に10代〜30代までのユーザー数が多いことが特徴的。その一方で40代以上の利用者は一気に減少するため、若年層にアプローチする際に効果的。また、月間アクティブ率が7割を超えている事から、日常にかなり入り込んだ形で利用しているユーザーが多い傾向にある。

【LINE】

・月間アクティブユーザー数:7,300万人(2017年12月)
・月間アクティブ率:84%(2017年12月)

<特徴>
アクティブユーザー数やアクティブ率が非常に高い事から、非常に日常使いしているユーザーが多いSNS。
最もユーザー数の多い年齢は40代で、50代以降利用者はまだ少ない傾向にある。10代の利用者も少ないため(人口が少ない)、20代〜40代に人気のあるSNSと言える。
また、アクティブ率が高いことから、ビジネスで活用する際にメッセージを送る頻度は注意するべき。あまりに多いとブロックされてしまう危険性あり。

【Instagram】

・月間アクティブユーザー数:2000万人(2017年10月)
・月間アクティブ率:84.7%(2015年6月)

<特徴>
日本では20代〜30代の女性を中心に人気の高いSNS。
ユーザー数やアクティブ率もここ数年間で非常に成長しており、非常に人気が高い。
最近ではインスタグラマーという職業ができるほどに広告効果がある。

あなたのビジネスに合うSNSは何?

さて、このようなデータを見た上で、あなたのビジネスに適したSNSを選択する必要があります。例えば、あなたが20代女性を狙う場合はどのSNSを選択しますか?商品によると言ってしまえばそれまでですが、Facebookを選択することはあまり得策ではなく、Instagramが最も有効でしょう。10代を狙うならtwitter、40代を狙うならFacebookのように年代で使うSNSを変えることができます。

また、LINEはこの中では少し異質のものです。LINEをビジネスで活用する際に有効な方法は、LINE@です。LINE@とは、メルマガをラインで送るようなもので、事前にLINE@アカウントと友達になっている人に向かってメッセージを送ることができます。お店でも「LINE@はじめました」といったPOPを見かけることも最近多くなってきましたね。LINE@は、今回紹介しているSNSの中でもユーザーと最もコミュ二ケーションできるSNSですから、リピート対策などに非常に有効です。

なぜ今SNS活用を考えるのか?

さて、これまでSNSのユーザー数を見ていただき、あなたのビジネスに相性の良いSNSが何かがなんとなくご理解いただけたかと思います。しかし、なぜSNSを活用するのでしょうか?「HPをやっていれば必要ないのでは?」という疑問を抱く方が多そうです。そのため、最後にその辺りを解説させていただきます。

ホームページが登場した時に「なぜやらないといけないんだ?」と多くの方が考えたはずです。しかし、今ではビジネスにおいてなくてはならない存在です。そして、SNSも今後そのようになっていく可能性が高いと言えます。例えば、あなたが沖縄旅行に行くとします。沖縄で巡る場所はどのように探すでしょうか?おそらく多くの方がネットで検索したり、ガイドブックを見るという答えでしょう。慎重な方は、観光地の口コミをネットで調べたりするのではないでしょうか?しかし、SNSを使いこなす20代以下の世代にとっては、SNSも検索ツールの一つなのです。Instagramで沖縄のハッシュタグを検索し、素敵な画像を見る中で行く場所を決定するなどが普通に行われています。ネット検索するよりも、実際に行った人の生の情報が得られるので非常に効率的な検索方法です。
もう一つ例をあげましょう。

電車の遅延状況などリアルタイムで知りたいことがある時はどのように検索するでしょうか?これも多くの方がネット検索すると思いますが、SNSを使いこなしている方はtwitterで検索します。Twitterはリアルタイム性の強いSNSなので、もし遅延していれば誰かがそのようなツイートをしているはずです。他にもこれから旅行に行く場所の天気なども調べることができます。

このようにSNSの使い方は非常に日常に近い所まできています。近い将来グーグルの検索を経由せずにSNSで完結するなんて事が多くなってくるはずです。だからこそ、今のうちからSNSを対策しておくことは非常に重要です。

1-2.fw_
insta1.fw_