2018
11.26
1126

【記事制作のコツ講座】 記事を面白くするための取材のコツとは?


インターネット上にさまざまな記事があふれている現代において、いかに「面白い記事を作るか」はSEOだったり、ファンづくりだったりとそれぞれのメディアへの注目度を高めるためには大切な要素となります。面白い記事を作るために最も重要となるのは「取材」です。では、どのような取材をすれば、記事は読み手にとって面白くなるのでしょうか?

■取材前は下調べがカギとなる

たとえば、特定の人物への取材をもとにした記事の場合、事前の下調べが大きなカギを握ります。あらかじめ、取材前に出来上がりの記事がどのようなイメージ・テイストにしたいのかを固めて置きましょう。同じ「社長へのインタビュー」でも、採用を目的とし、真面目なテイストで「社長が自社の経営について語る系」なのか、社長の人間性やプライベートに迫った「情熱大陸系」なのか、あるいはちょっとイジりながら笑いを誘うようなものなのかにより取材方法は変わってきます。

さらに、取材対象については可能な範囲で経歴や考え方、過去の書籍やネット上の記事などを確認し、趣向を把握ておきましょう。このような下調べをしておくことで、これまでにその相手について出回っていない情報を引き出すことも可能です。

■取材中はとにかくその人を好きになり話を聞く

取材中については、とにかく相手に興味を持って話を聞くことだけに集中すれば良いでしょう。たとえば本来聞きたかった内容から話が脱線しても、その人自身やその人のストーリーを掘り下げていくことで、面白い話を聞くことができます。特に、意識したいのは、話の中でちょっとでも疑問を感じた箇所があれば、素直に口にしてみることです。すると意外と相手が「そうそう、よく変って言われるけど自分的にこだわりポイントで!」なんて反応してくれることもあります。そして意外とそのような素朴な疑問は、読み手にとってもも興味のある分ことだったりします。当然、事前準備が不足しているととんちんかんな質問をしてしまうことになりかねませんので、下調べは必要です。

このように、記事を面白くするための取材のコツは「入念な事前の下調べ」、そして「当日はその人に興味を持って素直な反応を示すこと」です。ぜひ試してみてください。
1-2.fw_
insta1.fw_
plllogo33