2017
04.14
61-2

インスタグラムのアカウントをチームで運用する際の注意点とは?


ある程度、大きな企業だとインスタグラムのアカウントを複数人で管理・運用することがあると思いますが、しっかりとした管理フローの元、運用をしないと炎上の危険性もあります。インスタグラム等SNSでのトラブルによって炎上をすると、取り返しのつかない事態になり、企業ブランドを傷つけることもあります。前もって、チームでインスタグラムを運用する際の注意点をおさえておくことが大切です。

・運用担当者によって対応にばらつきを出さない
複数人数で運用するとなると、確実に運用に個人差が生まれます。そこで、運用ルールを決める事が大切です。ざっくりではなく、かなり細かくルールを決める必要があります。例えば・・・

*投稿時間帯
*写真撮影の場所
*レスは何時間以内

など、明確に決めておけば、ルールを中心に運用を行うようになるので、対応にばらつきが出なくなります。

・コンセプトを明確にする
インスタグラムにおいてコンセプトは非常に大切です。インスタグラムは写真がメインのSNSであり、コンセプトが固まらないと、一体何のアカウントなのかユーザーに理解してもらえなくなります。コンセプトが明確になれば、以下のことが明確になります。

*投稿文の言い回し(特徴的なキャラを作ることもできる)
*写真のテイスト、投稿内容

・情報の漏洩や失言などは、担当者同士で徹底して管理を
インスタグラムだけでなく、全てのSNSで共通していえることですが、情報漏えいや失言など炎上の火種になるものは、徹底共有、管理をしましょう。また、これは文章だけでなく写真も同じで、「リリース前の商品が写り込んでしまっていた」、「他人の顔にモザイク処理をせずにアップした」など、写真を手軽に投稿できる反面、そこには様々なリスクが存在します。複数担当者がいると、どうしても共有不足でミスが発生します。不用意な発言、投稿に厳しい昨今、ここは相当シビアに行なったほうが得策でしょう。
insta1.fw_