1. HOME
  2. YouTube
  3. 今の時代、広告を出すならならYoutube!?youtubeでの広告のパターンをご紹介!
YouTube

今の時代、広告を出すならならYoutube!?youtubeでの広告のパターンをご紹介!

YouTube

世の中にはあらゆる広告がありますが、一際注目されているのが、現在媒体自体がノリにノッているyoutube広告であるといってもいいのではないでしょうか。今回はyoutubeでの広告のパターンをご紹介していきます。

■インストリーム広告
インストリーム広告は、動画を再生しようとすると、右側に「広告をスキップ」のボタンがでてくるパターンの広告になります。多くのユーザーはスキップするかと思いますが、下記場合に広告課金されます。

・ユーザーがスキップをせずに30秒以上動画を(30秒未満の動画の場合は最後まで)視聴した場合
・ユーザーが広告に対して’(クリック等の)アクションをした場合

スキップされてしまうと、広告費は課金されませんが、ブランドや商品の認知度を高めるのに有効的な広告となっています。

■バンパー広告
バンパー広告は、再生する動画の中に組み込まれる広告です。インストリーム広告と違う点は、6秒で完結する短い動画広告であり、目当ての動画を見ている人は広告をスキップできないという点です。動画広告を確実に見てもらえるというメリットはあります。

・1000回表示される毎に料金が発生します。

スキップせずに必ず再生される6秒間の間に、キャッチーなメッセージ性を配信して、視聴者の印象に残すことができます。

■ディスカバリー広告
ディスカバリー広告は、動画を検索した際に検索結果や関連動画一覧の最上部に表示される広告のことです。サムネイル内に「広告(PR)」と表示されているため、ユーザーにも広告として認識されますが、他の動画と馴染んでいるため、広告とわからずにタップするユーザーも少なくありません。

・ユーザーが該当の広告動画をクリックして視聴したときに料金が発生します。

YouTubeの利用者の多くが目にする場所なので、その広告動画が視聴されさえすれば、大きな効果が期待できます。

YouTube広告は、ターゲットを絞ってセグメントができたり、広告をスキップしたユーザーはその商品やコンテンツに興味がないということなので費用対効果が高く、興味を持ってもらえたユーザーに対して、お金を払って動画見てもらうことができるため、効果を得やすい広告として今後より注目されること間違いなしです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

linetop.fw_