2015
11.19
1119all

写真の使い方が上手な企業のFacebookページ5選


Facebookページではさまざまな情報が配信されますが、最もユーザーの興味を惹きつけるのはやはり「写真」でしょう。今回は1枚の写真でマーケティングのコンセプトまでも瞬間的に伝わってくるような、そんな上手な写真の使い方を実践している企業の事例を紹介します。

1. ポカリスエット

商品関連の写真の美しさもさることながら、何と言ってもキラーコンテンツの「ポカリ女子」が目を惹きます。このページに登録すると、ポカリスエットのように透明感のある全国の美女がFacebookのタイムラインに登場します。
ポカリスエットfacebookページ

2. クレイジーウェディング

オリジナルなウェディングパーティー企画会社のページ。個性豊かなパーティーの様子、新郎新婦のファッションなどが、温かみのある写真になってアップされ続けています。パートナーとの結婚を考えている人には、とても参考になるのではないでしょうか。
クレイジーウェディングfacebookページ

3. カゴメ株式会社

カゴメと言えばやっぱりトマト。みずみずしい野菜や、商品それぞれのコンセプトに合わせた撮りおろしのカット等、美しい写真の数々に目を奪われます。写真に対して寄せられたコメントをきっかけにユーザーと積極的にコミュニケーションを取っています。
カゴメ株式会社facebookページ

4. マウントレーニア

森永乳業のコーヒー飲料・マウントレーニアのページ。「いま ここ しあわせ」のコンセプトに合わせて、コーヒーを飲んで落ち着くひとときを切り取った趣き深い写真がアップされています。撮りおろしカットへのこだわりとクオリティの高さは、飲食系のFacebookページの中でも群を抜いています。
マウントレーニアfacebookページ

5. 土屋鞄製造所

この企業のWEBサイトは土屋鞄のコンテンツマーケティングの記事でご紹介しましたが、Facebookページにもこだわりを感じます。アップされる写真の1枚1枚が「革の鞄」を作る職人の哲学を感じるような洗練された世界観になっており、渋い写真が好きな人にはたまらないページです。
土屋鞄製造所facebookページ

いかがでしたでしょうか。タイムラインに投稿されている写真によって、少なからず企業のイメージが印象づけられるのを感じたのではないかと思います。今までFacebookページに投稿してもユーザーの反応がなかったり、投稿する写真にあまりこだわってこなかった場合は、ユーザーの興味を惹きつけるような写真を意識してみることをお勧めします。
1-2.fw_