2014
08.28
conwide-770x340

顧客の段階に合わせたコンテンツの重要性


コンテンツマーケティングの認知が進むにつれてコンテンツのあり方に対する認識が変わりつつあると言われています。
これまでの、幅広く多くの人に共感してもらいやすいコンテンツが必要だという考え方から、読者ごとの成長段階に合わせたコンテンツが必要だと多くの企業が気づきはじめています。

そしてコンテンツの目的は、初期段階(何らかの問題意識をもった層の興味をひくこと)から、次の段階(その問題に対する解決策の提示)、さらに最終段階(あなたの製品を購入する決定)へと、絶えず次の段階へ導くこと必要だと考えられるようになっています。

では、そのような段階を実現するにはどうすれば良いのでしょうか。

まず第一に貴社の読者が誰であるか、読者の解決したがっている問題は何か、そして読者が先に挙げた段階の中でどこに位置しているのかを把握します。そして課題や段階を考慮した上でどのようなコンテンツを作成するのが良いのかを考えることが、見込み顧客を成長させるためには必要となってきます。

実際にコンテンツを作成するにあたっては様々な文章の作成技術が公開されていますので参考にしてみると良いでしょう。
本日は書くことのプロであるジャーナリストがバイラルコンテンツを作り出すために留意している点を3つ紹介します。

1. 一話完結型でひとつの話にまとめる。
コンテンツが大量に生産されている現在、読者は多くのコンテンツに囲まれています。気になったコンテンツがあっても時間的な余裕からすべて読むことができない読者がいることを想定し、短く端的に書くことが必要です。

2. タイトルやトップの写真選びには、本文以上の努力を注ぐ。
コンテンツに一瞬で興味を持ってもらえなければ、例えコンテンツの内容が良くても読んでもらえない可能性があります。効果的なタイトルや写真を得るには、色々な文章や媒体に目を通して自分が読みたいと思ったタイトルや注意を引かれた写真などを記録しておき、その傾向を分析してみると良いでしょう。

3. 誰に何を伝えたいのか、可能な限り具体的に頭に浮かべながら書く。
例えば、売りたい製品がスマホの自撮りを補助する付属品なら、ターゲット層は「グループ活動を好む、アウトドア活動の多い、常時スマホを手放さない18-28歳の男女」というように具体的に頭の中にイメージします。ターゲットがぶれないように、そのような若者たちの写真を手元において作業するのも効果的です。そして彼らの今いる段階に合わせて伝えたい内容を考えます。彼らが最終段階の手前にいるなら、あなたの会社の製品がどういう点で他社の製品に勝るかを明らかにするコンテンツを作ります。

この他にも、すべてのコンテンツを一から作り出すには膨大な時間と労力を要しますので、既存のコンテンツで再利用できる箇所がないかも検討してみましょう。例えば一度使ったコンテンツの一部をテンプレート化したり、コンテンツ作成の過程で収集した情報を蓄積しておくと、それらを加工することでコンテンツ作成の時間を短縮したり新たなコンテンツを作成することができます。
plllogo33