1. HOME
  2. YouTube
  3. YouTubeマーケティングを成功に導くテクニック
YouTube

YouTubeマーケティングを成功に導くテクニック

YouTube

増加してきたニッチ分野のインフルエンサーと協業する

動画マーケティングの重要性は日増しに高まっています。消費者の興味を喚起する手段として動画は有効であり、YouTubeでは多くの企業が動画マーケティングによって差別化を図るようになりました。YouTubeでのマーケティング活動を成功させるテクニックについて、Acodez社が解説しています。
インフルエンサーマーケティングはファッション、美容、ゲームといった分野で広まっています。YouTubeでは、これらの業界に加え、様々な商品・サービスに特化したニッチなインフルエンサーが登場するようになりました。どんな業界にいる企業であっても、自社の顧客層と合致するインフルエンサーを見つければ、協業のチャンスが広がるものです。

セールスファネルの段階に合わせ、その動画に最適なCTAを設置する

YouTubeの上だけで商売するのは難しいかもしれませんが、YouTubeでの視聴を契機に、より大きなビジネスにつなげるのは賢い戦略です。動画の概要欄や、動画内に挿入するアノテーション機能を活用し、自社のランディングページへ送客すれば、商品・サービスの購入へ進む顧客を増やせるでしょう。
投稿する動画がセールスファネルの内、どの段階に属するのかを考えた上で、最適なCTA(コール・トゥ・アクション)を設置するべきです。興味を喚起する段階では、商品を紹介するようなCTAを置いても効果は期待できません。一方、デモ動画であれば、購入意思が高まっている段階なので、商品の宣伝をするのが理にかなっています。

動画の最初の1~2分で、視聴者を惹きつける重要なメッセージを伝える

情報が氾濫する今、ユーザーの注意を惹きつけるのは困難になっています。その中でも動画は、ブログや電子書籍に比べても、高いエンゲージメントが期待できるフォーマットです。特に、動画の最初の1~2分が最も重要であり、視聴者から共感が得られるようなメッセージを盛り込むようにします。そして、試行錯誤を繰り返した上で、自社にとって最適な動画の長さを見出す必要があります。

まとめ

YouTubeマーケティング戦略を立案するのは簡単な仕事ではありません。動画は新しいテクノロジーであるため、時間をかけて学習を続けなければ、他社に置いていかれてしまいます。十分に情報収集を行い、YouTubeマーケティングについて理解を深めれば、自信をもって、YouTubeに参入できるでしょう。
linetop.fw_
参考資料

YouTube Marketing Strategy: 7 Tactics For Success


著者:Takayuki Sato