2018
04.16
0416

コンテンツマーケティング実践講座 【スーツ】編


コンテンツマーケティングの発想講座実践編。今回のお題は「スーツ」です。社会人になって、スーツを日々の戦闘服として着こなしている方も多いでしょう。そんなスーツ業界におけるコンテンツマーケティングについて考えていきます。

■日常使いだからこそのファッション的視点

駅を見渡しても多くの方が着ているスーツ。だからこそ小さな違いや小物使い日々の着こなしや着まわしでどういう人なのかを実は、周りにアピールする最適なツールなのです。もちろん自分が好きだと思う服を着ることもいいですが、こう思われたいから着るという文脈があっても面白いですよね。スーツをアパレルでなくファッションと捉えて、小物使いなどにこだわっていくことでも様々な広がりを見せてくれるのではないでしょうか。

■スーツの保存方法にフォーカスを当てる

スーツは仕事現場で着ている戦闘服。だからこそ、着ている服がそのままその人のイメージにもなりがちです。もちろん着ているブランドなども見られがちですが、どんなにいい服を着てもしわしわになってたら自身のイメージが良くないですよね。逆にピシッとしていたらイメージアップにつながりますよね。かっこいい着こなし、手入れされたスーツの知識は知っているだけで自分のブランディング力が高まる、知りたい情報です。

■購入場所にフォーカス

時代はモノからコト消費に移行しています。見た目だけでなく、思い出という付加価値のある購入方法でものを揃える人が増えてきてるように感じます。多くの方が、特にボーナスの時期を迎えると、こだわりを持って新たなスーツの購入を検討する人も増えるのではないでしょうか。その際、デパートでの購入ではなく、海外旅行など普段と別のスポットを掛け合わせてみると少し興味をそそられるかもしれません。例えば某映画の中の主人公が普段はスーツの仕立てやで実は秘密機関のスパイという映画があるようにイギリスのサヴィルロウなど各国のスーツの有名地域記事も面白いかもしれません。

スーツはコンテンツマーケティングでの表現の幅が非常に広いカテゴリーです。だからこそ、どれだけユーザーの親身になったコンテンツを展開できるか、がエンゲージメント獲得のカギになります。