2019
05.20
0520

【記事制作のコツ講座】 クリックされやすいタイトルの作り方


1-2.fw_
インターネットにおける記事づくりではその内容はもちろん大切ではありますが、何よりも数多く存在する記事の中から読者に選ばれクリックしてもらうことが大切です。そのためにはサムネイル写真、そして「タイトル」が興味を持たれクリックしてもらえるかどうかを大きく左右します。一説によるとタイトルによってその記事が読まれるPV数が10倍も変わってしまうとも言われています。しかし、実際どのようなタイトルがクリックされやすいのでしょうか。

■具体的な数字を入れる

「すごく」「たくさん」「とても」……これらの言葉は人によりどのくらいのインパクトを持つのかは感覚に個人差があります。たとえば、「すごく痩せる方法10選」という記事ではどのくらい痩せることができるのかイメージしづらく、「どうせ盛ってるだけでしょ」と思われクリックされない可能性が大きいですが、「1ヶ月で10キロ痩せる方法10選」では、具体的な数字を入れているため「何をすれば1ヶ月で10キロも?!」と俄然興味を惹かれます。

■「自分に関係ある」と思わせる

現代は情報に溢れています。そのため、私たちは良くも悪くも日々無意識のうちに情報を取捨選択しています。そのため、膨大な情報に紛れてしまわず、「これは私の知りたかったことだ!」と思ってもらうためには、より明確なターゲット層をイメージしながらその内容を盛り込みましょう。たとえば、「オシャレを目指す人のための帽子選び」では多くの人がスルーしてしまいます。しかし、「原宿系男子が選ぶ、2019年春の最新帽子トレンド」ではより明確にクリックしてほしい人を集めることが可能です。

■ニュース記事であれば企業名や人名をタイトルの前方に入れる

ニュースや芸能系では、固有名詞を必ず目につきやすい冒頭に入れるようにします。「A社の賃金未払い問題、元社員が提訴へ」という記事と、「元社員が提訴、賃金未払い問題のA社」では同じワードを使っているにも関わらず、PV数は大きく変わると言われています。

自分がネットサーフィンをしている時を思い出しても納得がいく内容ではないでしょうか。この3つを意識するだけでより興味を持ってもらうことが可能です。ぜひ一度試してみてください。
insta1.fw_
linetop.fw_