2017
03.08
4

アフィリエイトに学ぶコンテンツマーケティング


インターネット黎明期から今に至るまで、地味に大きな市場シェアを誇るアフィリエイト。
アフィリエイトは第三者が商品を紹介し購入された場合に出来高でインセンティブを支払う広告モデルです。
誰でも参加できて、原稿の出来次第でいくらでも稼ぐことが出来るアフィリエイトは近年改良が進み、コンテンツマーケティングと近い視線のクオリティのものが増えてきました。

アフィリエイトの基本原則は「商品のレビュー」です。
企業目線で展開される商品の特徴ではなく、実際に商品を体験(場合によっては体験せずに「ぽく」みせてる場合のものもありますが)
した上でのプラス要素を紹介するというものです。

ですが昨今、ダイレクトなアフィリエイトは敬遠される傾向にあります。
それはすなわち消費者側に「知恵」がついてきたからです。
商品を紹介する人にも報酬が入るというスキームにネットユーザーは気づいてきており、素直な導線に従わない、そんな環境が生まれています。
では、アフィリエイターはどうするのか?
ブログでの商品紹介による収益が見込めなくなると次の一手として挙がってくるのが、「市場全体の考察」です。
その最たる例がまとめサイトです。

1商品の購入を促すために商品レビューをするという手法から、市場全体の考察=他社商品との比較や市場全体の存在価値の訴求に変化をしています。
まさに、誘導したい商品へのターゲット導線を完備するために周辺情報、有益な情報を構築するというのは企業が発信するコンテンツマーケティングと同義の手法となっています。

1企業が他の企業商品と比較するコンテンツを作成することは、ブランディングの観点からもなかなか実践できませんが、アフィリエイターが展開する商品の導線作りは非常に参考になるものがあります。

一度、自社商品ジャンルにてアフィリエイトビジネスを行っている方のやり方を勉強してみてください。
そこから、コンテンツマーケティングの種が生まれるかもしれません。
plllogo33