2016
05.27
0527

コンテンツを届けるタイミングの重要性


質の高いコンテンツを作るために必要な要素は、記事の内容だけでは足りません。コンテンツを届けるタイミングもコンテンツの品質に大きな影響を与えます。例えば、いくら役に立つコンテンツを作成したとしても、それを商品についての知識を求めている段階のユーザーに与えてしまっては購買機会を逃しかねません。このように作成した記事の内容を求めているユーザーに届けることが重要です。そこで、コンテンツを届けるタイミングについて解説します。

タイミングの元になる「集客期と成約期」という考え
タイミングについて考える上で重要な考えが2つあります。1つは集客期。これはユーザーがサイトに流入するようになった時期です。もう1つは成約期。これはユーザーが商品に興味を持ち始めた時期です。「このコンテンツはどちらの時期にいるユーザーに届けるのか」ということを考えてコンテンツ制作をしなくてはなりません。集客期のユーザーに成約期のユーザーに届けるような訴求系の記事を読ませても効果は期待できず、逆に成約期のユーザーに集客期の内容を読ませるのもいけません。

集客期には「お役立ち情報」を提供する
この時期のユーザーに必要なコンテンツは「役に立つ情報」です。サイトで扱っているテーマに関する役立つ情報をまとめた記事が有効です。役立つ情報を記事にすることで、その情報を目当てにサイトに人が流入するようになります。これが集客期に有効な記事の内容です。

成約期には「事例や特長」を提供する
この時期のユーザーには商品を訴求するコンテンツが有効です。成約期は商品に興味を持ったユーザーというのが前提ですから、商品の魅力を前面に出した記事が良いでしょう。逆にこの時期のユーザーにお役立ち情報系の記事を提供してしまうと、ユーザーのニーズと合わず離脱されてしまう可能性すらあります。成約期のユーザーに対してはしっかりと商品の魅力を伝えましょう。

まとめ
コンテンツは集客用と成約用の2つを分けて作成することが重要です。これを混同してしまうと、適切なユーザーに適切な内容が届けられず、効果が落ちてしまいます。タイミングもコンテンツの質の高さを保証するものの1つという認識を忘れないようにしましょう。
plllogo33