2015
10.29
1029wide

トリプルメディアとコンテンツマーケティング


WEBマーケティングやコンテンツマーケティングでメディアを分類する際によく使われる「トリプルメディア」にはそれぞれ特性があり、それを理解した上で上手く活用することが効率良いマーケティング活動につながります。各メディアの特性を理解し、それを活かした使い方を知っておきましょう。

ペイドメディア
お金を支払って利用するメディア。バナー広告や検索連動型、行動連動型などのネット広告などが該当します。

アーンドメディア
一般ユーザーが情報の起点となるメディア。個人ブログやSNSなどが該当します。

オウンドメディア
自社が所有するメディアのこと。自社のWEBサイトやブログなどがこれに当たります。

各メディアの特徴と役割
ペイドメディアは、広告の出稿量により多くのユーザーに情報を伝達できますが、紙面の制約があり一度に多くの情報を伝えることはできません。アーンドメディアを利用するとローコストで情報を一気に拡散させることが可能ですが、ご存じのとおり情報のコントロールが難しいメディアです。
オウンドメディアは自社の管理するメディアですので、伝えたいことを的確に表現することができるため、キーとなるメディアと言えるでしょう。

メディアの活用方法
しかし、オウンドメディア単体では多くの人に情報を伝達することは困難です。コンテンツマーケティングを成功させるためには各メディアの長所を活かして上手く組み合わせる必要があります。例えばペイドメディアであるネット広告で新商品発売の告知を行い自社サイトへ誘導する、自社サイトでは商品のベネフィットを訴求する、SNS上で商品に対する質問に回答したり良くある質問を自社サイト上でFAQとして展開するなど。

このように各メディアごとに役割を意識することで、コンテンツマーケティングの全体像を俯瞰しやすくなりますし、コンテンツの内容を考える際のヒントにもなりますので試してみてください。
plllogo33