2015
11.04
1104wide

読まれるコンテンツを作るにはプランニングが重要


コンテンツマーケティングではユーザーに役立つコンテンツを作ることが基本であると言われますが、闇雲にコンテンツを作ってもそのようなコンテンツはなかなか生まれにくいものです。コンテンツで狙った効果を得るためには、コンテンツを作成する前に行うしっかりとプランニングを行うことが重要です。

サイトやコンテンツの目的を明確にする

コンテンツを読者に公開することによって、自社のどのような目的を達成したいのかを最初に明確にしておく必要があります。例えば、自社の商品やサービスについて、
「一般的に知られている方法以外にもさまざまな使い方があるのを知って欲しい」、
「メリットや、さらにデメリットまで正確な情報を提供したい」、
「正しい使い方の情報を提供することにより利便性を感じてほしい」
など具体的な目的を明確にしておきます。

誰に読んでもらうのかターゲットを明確にする

誰に読んでもらうのか? の視点は、すなわち対象とする自社の商品やサービスのターゲット層ということになります。しかしコンテンツ作成では、商品の販売ターゲットに加えて、そのターゲットがどのような状態にある時に読んでもらうのかという視点も必要になってきます。

商品購入前に情報収集している人と、ある程度情報収集を完了して商品の比較検討をしている人では、コンテンツの内容が異なってくるからです。その時々の場面でターゲットユーザーがどのような環境下でどのような心理状態なのかを想定しておかないと、せっかく質の高いコンテンツを作成してもユーザーにとっては的はずれなコンテンツとなってしまう可能性があります。

顧客視点で読み手に役に立つ情報を提供する

上に挙げた2点が明確になると、どのようなコンテンツを作成すれば良いのか具体的になってくるはずです。しかし最終的なコンテンツ作成の段階で考慮したいのが「顧客視点」です。具体的にターゲットとなる顧客層がどのような内容の情報を求めているのか、どのような情報を提供すれば「役に立った!」と感じてもらえるのか、の視点で作成するコンテンツの内容や表現を工夫する必要があります。

例えば、他社の商品などと比較検討しているユーザーに対して客観的な立場で競合商品との比較情報を提供すると、本来自分で情報収集して検討する作業が軽減できるので「役に立つ情報」として認識してもらえる可能性は高くなります。ただしこのようなケースでは、単に競合商品の特徴を載せるだけでは自社のメリットには繋がりにくいので、差別化ポイントなどにより自社商品の優位性を確保する必要があるでしょう。
plllogo33