2018
07.12
0712-2

顧客中心のコンテンツ計画を立てるためのアイデア


移り気な消費者の関心をつかみ、長期的な信頼関係を築くためのコンテンツ

コンテンツマーケティングは最も重要な販売促進手法であり、ブランド認知を高めるのに有効なツールです。しかし、移り気な消費者の関心をつかみ、維持するのは簡単ではなく、多くの企業にとって大きな課題となっています。
コンテンツマーケティングで成功するには顧客中心の考えを持つ必要があります。顧客が求める情報を提供するのはもちろん、長期的に信頼関係を築く効果があるからです。Webマーケティングの専門家Ann Smartyが、顧客中心のコンテンツ計画を立案するためのヒントについて解説しています。

顧客が抱く課題や購買意欲の高さによってキーワードを分類する

各コンテンツには目的が必要です。例えば、トラフィックを増加させるという目的があれば、それを実現するための内容や評価指標が設定できるようになります。その目的を実現するためのコンテンツを計画・立案する際には、顧客が興味を抱くであろうキーワードを明確にします。何かに対して、怒っているのか、迷っているのか、苦しんでいるのか。顧客の生活や仕事を助けられる情報が、良いコンテンツと言えます。
顧客の購買意志によってキーワードを分類すると、コンテンツ計画を精緻化できます。情報収集している人には製品レビューを、特定の社名・商品名で検索する人にはその解説を、購入したいという人には直接、購入ページへ導く、というように顧客が求める情報を提供するようにします。

カスタマージャーニーの各ステップを網羅するよう、コンテンツを制作する

顧客が購入に至るまでの全工程、すなわちカスタマージャーニーを考えてみましょう。商品を認知してから購入した後のサポートまで、コンテンツを提供するアイデアは隠されています。また、検索エンジンの関連キーワードに現れる各単語についてランディングページを用意し、顧客に適切な情報を提供するようにします。さらに、ソーシャルメディアの評判を分析し、自社のサイトや商品の問題点を調査し、改善に努める方法もあります。

まとめ

企業において顧客は最も重要であるにも関わらず、コンテンツマーケティングでは、顧客志向が表現されていないケースが多く見られます。顧客中心のコンテンツ計画により、コンテンツマーケティングの効果を向上させ、売り上げを伸ばすことが期待されます。
plllogo33
pushlogo34

参考資料

Three tips for a content marketing plan that makes your customers the central focus

著者:Takayuki Sato