2014
11.10
pe-wide1-770x340

コンテンツの作成は定点・限定・物語を意識する


検索エンジンロジックの変更によって、より質の高いコンテンツがあるウェブサイトの評価が高まってきています。

そこで自社メディア・サービス・製品と関連するコンテンツ記事を量産しようとされている方は多いのではないでしょうか?まずは書いてみよう!と決めた時に抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

コンテンツマーケティングにおいて、最大のポイントは「自社サービスとの関連性」です。

この関連性を検索エンジンが「良い」と判断するには、更新頻度の高さとページ数が必要になってきますが、更新頻度を高くしながら、ページ数(コンテンツ量)を増やしていくためにはどのような点に注意したら良いのでしょうか。

まず1つ目は「定点」です。
同じコンテンツを時間をおいて、違う立場からコンテンツ化していくものです。分かりやすいものですと、「毎週◯曜日は△△」という用に定期的にコンテンツを設定し配信していきます。ただし、記事の中身がまったく同じものになってしまうとFacebookなどのソーシャルメディアではニュースフィードでの表示優先度が下がってしまいますので、多少は文言を変えたほうが良いでしょう。

次に「限定」。
これはキャンペーンに即しているものが一般的な使い方になりますが、「限定」とついているだけで、顧客のアクションが生み出されやすくなります。

最後に「物語」。
ECにおいては主流なコンテンツとなりつつありますが、その製品やブランド、サービスが生まれた背景に人物を絡めながらドキュメンタリー形式で追いかけるものです。物語コンテンツは連載することもできるため、コンテンツの量産にも向いています。

このようにコンテンツマーケティングにおいて、打ち出したいコンテンツ内容に3つのポイントを掛け合わせて設計・配信することで、見込み客の興味を引き、アクションを引き出すことに繋げやすくなります。ぜひ、コンテンツマーケティングをはじめる際には意識してみてください。

plllogo33