2014
09.11
brawide-770x340

コンテンツマーケティング必要な創造性と分析性


人間の右脳と左脳の役割の違いをご存知でしょうか。
左脳は言語や論理的思考の中枢であり、右脳は映像・音声的イメージや芸術的創造性を担うと言われています。

人間の脳にこれらの両方があるように、コンテンツマーケティングにも創造性と分析性のバランスが必要なことは意外に知られていません。この考え方は以前から存在していましたが、現在はコンテンツマーケティングを成功させるために重要な要素になってきています。

これまでコンテンツマーケティングでは分析よりも、創造性を重視したコンテンツを作成することが奨励されてきました。もちろん直感的に訴えかけるコンテンツは人の目を引きやすいですし、創造性を伸ばすように働きかけることは企業の潜在能力を引き出すことにも繋がります。

しかしそれだけでは十分ではありません。コンテンツマーケティングを実践している企業にとって、その効果が目に見える数字のような形で把握でき、それを改善していかなければビジネスとして継続していくことは難しいでしょう。

それではコンテンツマーケティングを行う現場において、具体的にどのような行動を取ったら良いのでしょうか。

創造性と分析性を両立するためにはチームのリーダーが常に両方のビジョンを描いていることが大切です。当然、プロジェクトのメンバーには創造的思考または洞察力が求められますので、最初にチームを組む時にリーダーはそれぞれの素質とチーム全体のバランスを考慮してメンバーを採用することが必要になってきます。

そして創造性が企業の潜在能力を開花させ、分析がマーケティングのパフォーマンスに大きな改善の機会を与えることを、双方のメンバーに理解してもらうことから始めましょう。その後はコンテンツの制作と分析を繰り返し積み重ねていき、時間と労力をかけながら一歩ずつ両チーム間の信頼関係を築いていきます。海外ではこうした体制を構築することによって、コンテンツマーケティングの効果が劇的に上がった例も報告されています。

コンテンツマーケティングのチームビルディングを行う際にはぜひ参考にしてみてください。
plllogo33
参考資料:http://blogs.hbr.org/2014/08/use-both-brain-marketing-to-balance-creativity-and-analytics/