2017
03.29
21-1

コンテンツ作りでネタ切れした時に覚えておきたい5つの方法


読んでいて面白く質の高いコンテンツを作ることも大切ですが、できるだけ多くの人に届けるためにコンスタントにコンテンツを作り発信することもまた重要です。

定期的に情報発信をしなければ、多量の情報に埋もれて認知されないのが今の情報社会です。しかし、頻繁にコンテンツを作っていれば、いずれネタは枯渇していきますね。そこで、今回はネタ切れにならないために欠かせない5つの方法をご紹介します。

1.今話題になっているニュースや時事を参考にする
今話題になっているニュースや事件に対しての自分の意見をコンテンツにするというのは、継続的にコンテンツを作っていく上では有効な方法です。ただし、取り扱うネタによっては炎上の火種になる可能性もあるので、ネタの選定には注意が必要です。

2.言い回しを変えて過去記事を再投稿する
過去書いたものと似たような内容を投稿しても、ユーザー側は特に気にしません。むしろ、言いたいことを何度も伝えることはメディアの色を確立させるには効果的な方法です。言っている内容が一緒でも、伝えた方や議題の角度を変えれば、新鮮なコンテンツとして再投稿することも可能です。

3.ターゲットが検索しそうなキーワードを事前に洗い出してお

ターゲットが明確であれば、事前にターゲットが検索しそうなキーワードを把握しておきましょう。キーワードというヒントがあるだけで、コンテンツのネタ探しで行き詰まることは少なくなるでしょう。

4.書籍や商品のレビューをする
ある程度のアクセスが見込めるのならば、コラボ企画やPR記事として書籍や商品のレビュー記事を書くのも一つの手です。いつもとテイストの違う面白いコンテンツにすることができるでしょう。

5.過去に書いた記事をまとめた「まとめ記事」を書く
例えば、過去にアクセスアップの記事をいくつか書いている場合、「アクセスアップのために必要な◯◯の方法」のようにキューレーション的な記事を書くのも一つの手です。ただし、これを連発しすぎるとネタ切れを露骨に示してしまうことになるので、注意が必要です。

いかがでしょうか。
ぜひ、コンテンツでネタ切れした際には参考にしてみてください。
plllogo33