2014
03.31
hw

ハリウッド映画に学ぶコンテンツ作りのヒント


コンテンツマーケティングの施策を考える時、どのようにしたら人の心をつかめるのか、どのようにしたらユーザーに関心を持ってコンテンツを見てもらえるのか。
これらに苦慮しているマーケターは多いのではないかと思う。ユーザーにしかるべきタイミングで、しかるべきコンテンツを提供すると言う概念は分かっていても、具体的な方法論は自分で導きださねばならない。

マーケターはクリエイターではないので、クリエイティブ力に富んだコンテンツを発案する事は難しいと考えている方も多いのではないだろうか。
しかしコンテンツを創りあげる過程のアプローチにはある程度パターンが存在する。世間から支持されるコンテンツを作成し、成功している人達の手法を学ぶことで、マーケターにも面白いコンテンツ作成を設計する事ができるようになるのではないだろうか。

そこで今回はハリウッド映画から参考になるコンテンツ作成のヒントを以下にまとめてみた。

1. ターゲットが知りたい情報を的確に知る
ハリウッド映画のうまいところはよくありがちなストーリーにうまく世間が「見たい」「体験したい」と言う事を汲み取っている事だ。これをコンテンツマーケティングに置き換えると、CRMなどでユーザーの「知りたい」事を把握し、これらに「知っておくと便利な情報」を付加価値としてつける事でよりユーザーからの支持が得られるコンテンツマーケティングを行う事ができる。

2. 目標設定を明確にする
ハリウッド映画でも、アカデミー賞を取りたいのか、話題性を狙いたいのか、それとも人をとにかく感動させると言う事に終始する映画作りをするのか・・・などコンセプトの設定が明確である。 これはコンテンツマーケティングにも言える事で、トラフィックをメインとするのか、話題性を重視するのか、それともコンバージョンに絞るのか、などによってターゲットとなるユーザーや利用すべきタッチポイントも自ずと決まってくる。

3. 著名人を使う
人々の注目を集めることができるスターは映画を成功させる上でも、話題性作りの上でも欠かせない。これと同じ事がコンテンツマーケティングにも言える。パワーブロガーを利用し、コンテンツへの注目度を上げる事もひとつの策である。 ただしSEO対策を目的としたあからさまな著名人の登用はユーザーから嫌われる可能性が高いため、あくまでターゲットユーザーにとってのメリット・利益を考えた人選が重要であると言える。
plllogo33