2016
06.23
0628

成約に必要な興味を生み出す3つのステップ


サイトに質の高いコンテンツを公開し続けるだけでは、サイト訪問者が顧客になる可能性は低いです。サイト訪問者が自社サービスに興味をもってもらうように工夫の一環として、メルマガを紹介します。どのようなメルマガが効果的なのか、そもそもリストをどうやって手に入れるかという点を特に強調して説明します。

サイトを通じて商品を購入してもらうには、何度も商品の有効性について教育する必要があります。しかし、そのためには何度もサイトに訪問してもらわなくてはいけません。なかなかそれだけのサイトを作るのは難しいというもの。そこでオススメするのが、メルマガを活用した訴求です。メルマガを使えば、サイトに訪問させなくてもメールを通じて価値観教育をすることができます。

●無料レポートでリストを獲得する
まずはメルマガ配信に必要なメールアドレスのリストを獲得しましょう。メルマガ登録フォームをサイトのサイドバー上部など目立つ場所に配置します。ただ登録フォームを設置するだけでは大したリスト数の獲得は見込めません。重要なのは特典を用意することです。よく使われる手は特典用の「無料レポート」を用意することです。メルマガ登録をしてくれた方に「サイトでは紹介していないマル秘情報が記載されたレポートをプレゼント」というような触れ込みで配るのです。

●メルマガで役に立つコンテンツを配信し続ける

メルマガではあまり商品の内容については触れずに、役に立つコンテンツを配信し続けて下さい。というのも、メルマガの初期で大切なことは「開封してもらう習慣を身に付けてもらうこと」に尽きます。メルマガの読者になってもらったところで開封されないメルマガとして定着してしまったら意味がありません。訴求したい気持ちを抑えて、一般的に役立つコンテンツの配信に努めましょう。

●月に1度自社サービスの宣伝を織り交ぜる。
日頃のメルマガの内容と絡めて、月に1度は自社サービスの話題を出しましょう。人は見慣れたものに対して警戒心を解き、興味を抱きやすい性質を持っています。自社サービスの話題を出した最初の回で成約を目指すのではなく、数ヶ月スパンで成約を狙っていきましょう。何度も商品について情報を出し、慣れさせていけばいつか成約に結びつきます。

●まとめ
メルマガを活用することで商品についての教育がやりやすくなります。リストを集めることは無料レポートを活用することで比較的に容易にすることができますから、今までやったことがなかった方もこの機会にぜひ挑戦してみてくださいね。
plllogo33