2013
12.04
key

検索ワードランキング発表(2013)


毎年発表されています、Yahooの検索キーワードのランキングが発表されました。
ユーキャンの流行語大賞も注目ですが、毎年このyahooの検索キーワードランキングも目が離せません。
これらキーワードを見て、何が流行ったのかももちろんわかります。
私は、それ以上に、これらキーワードからいろんなことを想像するのが好きです。
ユーザーの動向がなんとなく想像でき、インターネット上でどのような施策を打っていくべきか考えるのにいい手助けになってくれまます。
それを簡単にご紹介してみましょう。

※カッコの数字は昨年の順位です。
■総合ランキング TOP50■
1(1)YouTube
2(3)Amazon
3(2)Facebook
4(4)楽天
5(5)Google
6(8)ニコニコ動画
7(7)2ちゃんねる
8(14)Googleマップ
9(9)Twitter
10(10)価格.com
11(23)FC2動画
12(15)DMM
13(-)パズル&ドラゴンズ
14(26)郵便番号
15(20)FC2
16(6)mixi
17(17)ANA
18(13)NTTドコモ
19(25)Gmail
20(22)ZOZOTOWN
21(21)じゃらん
22(12)クックパッド
23(24)MSN
24(16)アメブロ
25(28)楽天市場
26(36)東京ディズニーランド
27(18)AKB48
28(30)ユニクロ
29(38)楽天トラベル
30(-)進撃の巨人
31(45)天気予報
32(32)pixiv
33(27)JAL
34(33)ソフトバンク
35(19)ハローワーク
36(29)goo
37(31)翻訳
38(-)あまちゃん
39(39)嵐
40(-)壇蜜
41(37)ヤマト運輸
42(48)ワンピース
43(41)ベルメゾン
44(42)JRA
45(34)au
46(43)トヨタ
47(40)Hotmail
48(50)三井住友銀行
49(11)アメーバピグ
  50(46)ニッセン
そんなにアップダウンが激しいとは思わないのですが、
堂々1位の「youtube」「ニコニコ動画」。このブログでもよく申し上げておりますが、やはり動画時代到来!!
動画のコンテンツ作りを来年早々から真剣に考える企業がさらに増加することでしょう。

ソーシャルメディア関連をよく見ると、「mixi」がやっぱり落ち込みが続いています。
逆に、まだ「しっかり根強い感」がるのが「2ちゃんねる」。
なんだかんだ言って「twitter」よりも検索されています。

エンターテイメント関連。「あまちゃん」が目立ってますね。
視聴率は「半沢」さんのほうが高かったみたいですが、あまちゃん関連のほうがほんのちょい話題性が高かったようです。
それと、「檀蜜」さん。男の方気になる人が多いみたいw(ま、そりゃそうだw)同じく今年躍進しているのが、「進撃の巨人」。漫画やTVで急浮上です。
逆に「AKB」がじわっと下がってきている。もう旬が過ぎかけてるのかなぁ?

■画像検索ワードランキング TOP20■
1(-)壇蜜
2(-)進撃の巨人
3(-)能年玲奈
4(2)大島優子
5(4)ワンピース
6(-)深瀬慧
7(-)有村架純
8(-)森下悠里
9(-)篠崎愛
10(-)田中聖
11(-)島崎遥香
12(5)本田翼
13(-)あまちゃん
14(-)鈴木ちなみ
15(-)黒子のバスケ
16(1)前田敦子
17(-)桐谷美玲
18(-)ふなっしー
19(3)AKB48
20(-)堀北真希

これが、画像検索。
「写真が見たい!!方々がこれで検索されます。
ここでも、「檀蜜」「あまちゃん」「進撃の巨人」が大健闘。
ふなっしーが下位ながらランキングに入ってるだなっしー!
女性より男性の検索人口が多いのがありありとわかります。

■動画検索ワードランキング TOP20■
1(-)進撃の巨人
2(1)AKB48
3(2)嵐
4(-)パズル&ドラゴンズ
5(7)クレヨンしんちゃん
6(5)ワンピース
7(11)ドラえもん
8(12)それいけ!アンパンマン
9(-)モンスターハンター4
10(9)ももいろクローバーZ
11(-)Minecraft
12(3)Kis-My-Ft2
13(-)半沢直樹
14(-)あまちゃん
15(-)壇蜜
16(-)マリオ
17(13)ポケットモンスター
18(-)きゃりーぱみゅぱみゅ
19(8)関ジャニ∞
  20(4)少女時代
そして、動画。
面白いことに、動画となるとあれだけ上位に食い込んできた「檀蜜」15位まで下がっています。
それから、「クレヨンしんちゃん」「ワンピース」「ドラえもん」「それいけ!アンパンマン」のワード。
誰が調べてるかって?・・・親ですよ、親!
今やきっと、子供を静かにさせるのに、おもちゃやテレビではなく、PCやスマホなんです。(うちも多用しております(^_-)-☆)

■Yahoo知恵袋検索ワードランキング TOP20■
1(-)半沢直樹
2(17)iPhone 5
3(-)ポケットモンスター X・Y
4(6)不倫
5(-)パズル&ドラゴンズ
6(-)東京オリンピック
7(1)嵐
8(-)モンスターハンター4
9(19)浮気
10(-)進撃の巨人
11(5)東方神起
12(-)あまちゃん
13(2)プロ野球
14(-)ママ友
15(-)iPhone 5s
16(7)YouTube
17(-)彼氏
18(16)LINE
19(-)離婚
20(-)妊娠
お悩み解決系のSNS知恵袋。
見てると、おそらく、ゲームの裏技を知りたがっている人や、恋愛関係に悩んでいる人のキーワードが目立ちます。

■スマホ検索キーワードランキング TOP20■
1(4)YouTube
2(2)Amazon
3(5)楽天
4(1)Facebook
5(11)FC2動画
6(-)パズル&ドラゴンズ
7(8)Twitter
8(10)FC2
9(9)価格.com
10(7)Google
11(6)2ちゃんねる
12(20)DMM
13(17)天気予報
14(3)mixi
15(12)アメブロ
16(-)進撃の巨人
17(-)東京ディズニーランド
18(-)クックパッド
19(-)壇蜜
20(15)AKB48
最後にスマホのキーワード。
どうですか?PCとおそらくほぼ変わらないんですね。
お客様のサイトのログを見ると、今やPCよりもスマホユーザーの訪問が多いサイトは全く珍しい現象ではなくなってしまいました。
B2Bでさえ、スマホ対応をされる必要があるのではないかと思います。

最後に子供の検索結果です。
■総合ランキング
1ゲーム
2昔の道具
3ビットワールド
4点字
5米

■人物ランキング
1ルイ・ブライユ
2織田信長
3AKB48
4嵐
5聖徳太子

参考までに、下記のような軸でも紹介されています。
■人物名ランキング
http://promo.search.yahoo.co.jp/ranking/2013/name.html

「ご当地キャラランキング」つーのもありました。

■月ごとの急上昇キーワード
http://promo.search.yahoo.co.jp/ranking/2013/trend.html

■エンタメランキング
http://promo.search.yahoo.co.jp/ranking/2013/entertainment.html

来年は、どんな検索がみなさんでなされるのでしょうか?
Googleのハミングバードも出てきて、「打ち込む検索」ではなく、「話しかける検索」がそろそろ使われだすのかもしれません。

参考文献:Yahoo
2013 検索ワードランキング
http://promo.search.yahoo.co.jp/ranking/2013/trend.html

seo