1. HOME
  2. Wechat
  3. 2020年に予想されるWeChatマーケティングのトレンド
Wechat

2020年に予想されるWeChatマーケティングのトレンド

企業の公式アカウントのフォロワーを獲得する共同プロモーションが増加していく可能性

2020年は、WeChatにおいて様々な機能の追加・変更が予想されています。WeChatは中国市場におけるマーケティングで最も大きな影響力を持つので、そのトレンドを理解するのは企業にとって重要なことです。中国のマーケティング代理店Sekkei Studioの創業者David Henriquesが、WeChatマーケティングのトレンドについて解説しています。
WeChatユーザーの半数は、10~20の企業公式アカウントをフォローしています。毎日、公式アカウントに10~30分、滞在しており、男性には金融関係、女性にはショッピング関連のコンテンツが人気です。ユーザーは既にフォローしているアカウントの推薦で新しいアカウントを発見する場合が多いため、企業同士の共同プロモーションが増加していくと見込まれています。

新しい広告タイプや、ミニプログラムが普及していく見込み

TikTokなどの流行により中国のSNS市場は競争が激化しています。WeChatの広告収入は2018年第四四半期に38%成長していたものが、2019年第二四半期では16%の成長にとどまりました。広告をより使いやすく魅力的なものにするため、新しい広告商品として、バナー広告や全画面広告でエンゲージメントを高める取り組みを行っています。
WeChat内アプリとも言える「ミニプログラム」に流行の兆しが見えています。230万のミニプログラムが公開され、それを使用した経験のあるWeChatユーザーの割合は6割以上です。コアな機能に特化したミニプログラムは高いエンゲージメントを記録する傾向があり、多くのユーザーを獲得しています。

WeChat CRMの利用が増し、ユーザー管理やコミュニケーションが高度化していく

WeChat CRMは、ユーザーとのコミュニケーションを改善していく期待が寄せられています。キャンペーン施策から顧客サポートまで、全てのやり取りを集約して、ユニークなIDでユーザーを管理できます。また、性別・居住地などに基づいてカスタマイズしたメッセージを送信する機能も提供されています。

まとめ

WeChatは強力なマーケティングツールであり、どんな企業も活用できるソーシャルメディアです。激しい競争により、成長は鈍化しているかもしれませんが、企業にとってはブランド認知を高め、ユーザーとの関係を深められるチャネルである点は変わりません。2020年もWeChatは機能追加・変更を加えていくので、そのトレンドを分析し、最適なマーケティング戦略を立案するようにしましょう。
linetop.fw_
参考資料

WeChat Trends in 2020 – One Step ahead in China Digital Marketing


著者:Takayuki Sato