2017
05.18
77-2

Instagramの新機能「予約できるボタン」をどう活かすか


個人的にも、Googleや予約サイトではなく、Instagramでお店を検索することがあります。
写真やコメントから、お店の雰囲気がダイレクトに伝わってくるからです。
それに、気に入ったお店しか載せないユーザーがほとんどなので信憑性が高いです。すでにInstagramにもサクラやそういったキャンペーンは増えてきていますが、今のところわかりやすくて、嫌味に感じないケースが多いと感じます。

お店のアカウントがある場合は、本日のおすすめメニューや混雑状況などが写真とともに載せてあったりします。写真というのは情報量が多いですし、だいたいのお店は見ていて楽しいように工夫されています。「Instagramの広告主数が100万を突破」という公式ブログの記事で、明かされた新機能があります。

以下引用

世界の多種多様なビジネスのお役に立てるよう、Instagramは引き続きビジネスプロフィールの改良に取り組んでいきます。その一環として、年内にはビジネスプロフィールから直接予約できる機能を導入する予定です。

現在のInstagramのビジネスプロフィールの画面には、「フォローする」の左横に「連絡する」というボタンがあります。「連絡する」ボタンからは、「道順を表示」「電話する」「メール」へと誘導できます。さらに、「予約する」メニューを増やす予定だということです。デモを見てみると、以下の手順です。

・「Book(申し込む)」というボタンをタップ
・メニュー(サービス)を選ぶ
・カレンダーから日時を選ぶ
・予約完了

デモではヘアサロンですが、レストランやホテルでも使えるでしょう。導入されれば、予約サイトへの影響も大きそうです。予約サイトがSNSと連携していくのと逆で、すでに成熟したSNSが予約機能を追加するとどうなるのか。Instagramで地道に魅力を伝えてファンを増やしてきた企業にとって、いよいよダイレクトな効果に繋がることが期待できる機能になりそう。個人アカウントの企業は、今からビジネスプロフィールに切り替えておくことをお勧めします。

insta1.fw_

元の記事
https://business.instagram.com/blog/welcoming-1-million-advertisers