2019
12.09
49

WeChatのミニ・プログラムについて知っておくべきこと

linetop.fw_
ゲームやニュース、Eコマースといった機能を提供するWeChat内で動作する小さなアプリ

WeChatにおけるミニ・プログラムとは、WeChat内で動作する小さなアプリのような機能です。フード・デリバリーから婚活サービスまで、200ものカテゴリにわたって様々なサービスを提供しています。そのミニ・プログラムの要点を、中国のQBソフトウェア社が解説しました。
頻繁に使われているミニ・プログラムとしてはゲーム(42%)、ライフスタイル(39%)、ニュース(28%)、Eコマース(28%)、ツール(24%)、旅行(17%)、エンターテインメント(12%)と続いています。アリババやタオバオといったECサイトもミニ・プログラムを提供しており、WeChat Payの決済システムと統合されているのが便利です。ミニ・プログラムは、アプリを個別にインストールする必要がなく、WeChatさえあれば、必要な機能が利用可能です。

同様の機能であれば、従来のモバイルアプリよりもミニ・プログラムを好むユーザーも多い

WeChat公式アカウントを開設した企業は、ミニ・プログラムを公開し、ユーザーとのチャット画面から、そのミニ・プログラムへと誘導できます。マーケティングの観点では、iOSかアンドロイドかといった違いに関わらず、全てのWeChatユーザーにリーチできるのが利点と言えます。特に、最近スマートフォンを手にした中国地方都市のユーザーは、同じ機能であれば、通常のアプリよりも、WeChatのミニ・プログラムを好む傾向があるとされます。
ミニ・プログラムの制限としてはプログラムの容量の問題があり、大規模なプログラムを作成することはできません。また、ミニ・プログラムの内容をフィードに共有する機能はないため、新規ユーザーを獲得するには、ユーザー同士の紹介に依存する必要があります。

自転車シェアリングや割り引きクーポンなどが人気のミニ・プログラム

人気のミニ・プログラムとしては、自転車シェアリングサービスのMobikeやマクドナルドの割り引きクーポン・プログラムが挙げられます。ミニ・プログラムを開発するには、WeChatの仕様に従ってプログラムを制作できるエンジニアが必要です。中国ユーザーのニーズをよく理解し、顧客の期待に応えるミニ・プログラムが求められています。

まとめ

WeChatのミニ・プログラムは、簡単に使えるという点で従来のモバイルアプリに対して優位性を示しています。マーケティングの観点では、公式アカウントとは異なる観点で、ユーザーにサービスを提供し、エンゲージメントを高める効果が期待されています。
linetop.fw_
参考資料
https://qpsoftware.net/blog/wechat-mini-program-all-you-need-know
著者:Takayuki Sato