1. HOME
  2. facebook
  3. いまFacebook広告を出すべき理由4選
facebook

いまFacebook広告を出すべき理由4選

「Facebookはオワコン」「若者はほぼおらず、年配層しかいない」と言われてきましたが、今あらためてFacebookマーケティングに注目が集まっています。
今回は、その理由と令和のFacebook広告の活用方法についてご紹介。SNS運用担当者や広告担当者さんは、ぜひチェックしてくださいね。

■ターゲティングの精度が高い

Googleのキャッシュを利用してターゲティングする広告より、Facebookの方がはるかに広告の精度が高いと言われています。Facebookを登録する際、名前はもちろん性別、年齢、住んでいる地域、場合によっては出身校やお気に入りのFacebookページなど、趣味嗜好まで登録しますよね。Facebookはもともとそういった個人のデータを膨大に持っているので、適切なターゲティングにリーチができるプラットフォームなのです。現に、店舗型の広告なら、店舗から半径◯km以内の人に広告を出す等、かなり詳細な設定が可能です。

■広告の審査が厳しくなった

メルマガ登録を促し、リストを作成するための広告や、アフィリエイト狙いのランディングページなど、今までより審査が厳しくなってきました。その結果、個人アフィリエイターはもちろん、知見の浅い担当者の導入ハードルが高くなり、質の低い広告が減りました。

■Instagram広告との併用が可能

皆さんご存知の通り、InstagramとFacebookは同じ会社なので、広告を出稿する際も、ワンクリックでどちらのプラットフォームにも簡単に出稿することが可能です。「Instagramへの広告出稿は大変人気のため、スルーされることが多いが、Facebookからのクリック率が意外と高かった!」ということも。1日数百円からの出稿も可能なので、最初から出さないという選択肢を選んでしまうのは、逆にリスクかもしれません。

■動画広告で長期的な顧客をつかめる

動画だけを流す、CM風の広告は、CPA型の広告に比べ反応もよく、たくさんの人にリーチできると言われています。タイムライン上で全く知らない商材の写真が流れてきて「購入してね」「有料メルマガ登録してね」と言われても、コンバージョンはおろかクリックもされない可能性があるというのは、Facebookを使ったことがある人なら想像がつくはず。コスパの高い動画広告でまず認知をさせ、後日購入させるという長期的な広告手法を出す企業がFacebookでは少ないため、狙い目とも言えます。

Facebookはオワコンと言われていますが、未だにFacebook広告で利益を出しているサービスやアフィリエイターが数多くいるのも事実。流行りに乗るのは大切ですが、運用方法次第では理想の結果が出せるかもしれません。