2016
09.13
0913-3

ことばひとつで、反応が変わる! コピーライティングのテクニック


人の心を動かすときに、ことばはとても大切です。恋愛や人付き合いが上手な人が、相手に対して使うことばにとても気を遣っているのと同様に、ビジネスにおいても、ことば使いの巧さは非常に大切なスキルとなってきます。TPOに合わせて、想いをのせて、商品やサービスの価値を魅力的に相手に伝える。そういった技術が「コピーライティング」です。

これが上達していくと、コンテンツマーケティングのWEB記事・SNS・ブログの見出し、ビジネス資料のタイトル、スピーチの文章、お店での売り文句や商品名などなど、あらゆる領域で応用がきくようになります。もちろん冒頭の「恋愛」や「人付き合い」のレベルも上がるかもしれません。
そして、このようなコピーはたった2つの手順を理解していれば作ることができます。下記を覚えて、ちゃんと「人に伝わることば」づくりを心がけてください。

<コピーライティングの手順>

1、まずは伝えたい情報と伝える相手を整理する

本当に伝えたい情報と伝えたい相手を丁寧に洗い出すことが、コピーライティングの最初の作業です。ここを間違えると、どんな美しいことばや面白い表現で情報を飾っても、伝えた意味が全くなくなってしまうので、ちゃんと必要な情報とそうでないものを見極めてください。

2、とにかく短いことばに圧縮する

次に、①で整理した情報で商品・サービスを説明するのですが、重要なポイントがあります。当たり前のことかもしれませんが、人間はことばが短ければ短いほど頭に残って素早く覚えられます。コピーライティングの基本は「引き算」です。ひとつの説明の中から余計なことば・・・例えば、同じ意味が2回出てきたり、遠回しな言い方だったり、そういった贅肉のようなことばを削り、本当に必要なことばだけを残して、できるだけ短くします。たとえ1文字でも、短いほうが良いでしょう。

なかなかシンプルで簡単そうに見えるかもしれませんが、実は非常に高度なスキルです。
まずは身の回りの物事を意識してセンテンスを作るようにしてみてください。
反復による経験が肝心です。
plllogo33