2019
05.29
0529

インスタフォロー数上位アカウントから見るインスタとフェイスブックの使い方の違い 【ライオン(キレイキレイ)】篇


insta1.fw_
インスタフォロー数上位企業のアカウントを軸に、インスタグラムとフェイスブックの使い方の違いや戦略を考察してみたいと思います。今回のお題は、 ハンドソープで圧倒的なシェアを誇る、ライオンの「キレイキレイ」です。

フェイスブックの「キレイキレイ ファンズラボ」のフォロワー数は約2万3千人、インスタグラムのフォロワー数は約10万人です。「ハンドソープでそんなに発信することある……?」と思ってしまいがちですが、「手の清潔」という軸でターゲットに刺さる魅力的な投稿で人気を博していました。

■インスタグラムはマンガや「映える」レシピ、キャンペーンなど刺さるものを中心に

インスタグラムでまず目を引くのは食品メーカー顔負けのレシピ紹介!料理と手の清潔さは切っても切れないと言うこと、またターゲットである主婦層の興味を惹く内容を意識していることが伺えます。さりげなく料理の写真にはキレイキレイが写り込んでいます。しかし、全てに宣伝要素があるわけではなく、季節ごとのご家庭&お子様関連の「あるある」マンガや手遊びも紹介するなど、ターゲット層が楽しめるコンテンツを意識しています。

■フェイスブックは効能や新商品の案内やレシピ情報など幅広く情報発信

次にフェイスブックです。一般的な企業のフェイスブックページ同様、新商品やイベントの案内が中心です。スキンケア情報の記事も載っているのが化粧品も取り扱うライオンならではでしょうか。さらに、季節ごとの期間限定商品やおすすめ商品、秋なら「ハロウィンパーティでお友達がたくさん集まるときの消毒は……」といった訴求を行っています。もちろん、インスタグラムにも掲載されているレシピ情報やゲームなども同じく投稿されています。

ハンドソープ業界で圧倒的な認知度を誇りながらもさらにワクワクを感じてもらえるための努力を欠かさないキレイキレイのSNS。ぜひ一度チェックしてみてください。
1-2.fw_