1. HOME
  2. YouTube
  3. オンラインストアのためのYouTubeマーケティング
YouTube

オンラインストアのためのYouTubeマーケティング

YouTube

動画マーケティングとインフルエンサーマーケティングは相性が良い

YouTubeはビジネスを成長させるのに有効なチャネルです。特に、YouTubeは自社商品の販売と相性が良く、多くのインフルエンサーが自社ブランドの商品をプロモーションするのに活用してきました。そこで、マーケティング企業ReferralCandyが、自社商品を持つブランドがオンラインストアを宣伝するのにYouTubeを活用する方法について解説しています。
74%の消費者は購買意思を決定するのにソーシャルメディアを使っているとの調査があります。また、インフルエンサーマーケティングは従来のマーケティング手法に比べ、11倍高い投資対効果が得られるとの試算が報じられました。YouTubeでフォロワーを集めて拡散力を持ち、そこで商品を販売する戦略は、これほど効果的な手段になるのです。

他社商品を紹介したり、他のユーチューバーと提携したりして信頼感を高める

YouTubeのチャネル登録者を増やすには、他のチャネルとの協業が有効です。例えば、米国の体操選手Shawn Johnson Eastは、五輪メダリストやフィットネス関連のYouTuberと一緒に動画を撮影し、相互に視聴者を増やすのに成功しています。また、YouTubeに加えて、Facebook、Twitter、Instagramでの情報発信を組み合わせるのも効果的です。
YouTubeでは商品のレビューや開封動画が人気です。韓国の美容ユーチューバーMeejmuseは、気に入った商品を毎月紹介する動画を投稿し、47万人以上のチャネル登録者を獲得しました。自社ブランドの商品へのリンクを貼るだけではなく、他社ブランドの商品も紹介するので、視聴者は信頼できるレビューであると認識しています。

過度な宣伝にならないような形式で、自社商品を使っている様子を動画で撮影する

YouTubeで公開する動画の中で、自社商品を身に着けておくのも良い宣伝になります。米国の動画制作会社Wong Fuは、自社で販売するファッション商品を身に着けたモデルを動画に登場させました。フォロワーは、同じ商品を使ってみたいと思うので、過度に宣伝することなく、自然な形で商品を目に触れさせる状態が作れます。

まとめ

オンラインストアにおけるYouTubeマーケティングは、他のブランドや異なるチャネルと組み合わせると、より高い効果を発揮します。中規模程度のオンラインストアと提携し、相互に集客できるよう、戦略的な取り組みを進めると、ビジネスの成長が期待されます。

参考資料
https://www.referralcandy.com/blog/youtube-marketing/