2016
05.12
0512-2

コンテンツマーケティングにおける『成功』とは何か?


今回は、コンテンツマーケティングにおいて目指すべきゴールのひとつとして「完読率」を取り上げます。また、最後まで読まれるコンテンツの条件を具体的にご紹介します。

WEBマーケティングにおいては、サイトやコンテンツへのアクセス数は重要な指標です。コンテンツプランニングもWEBマーケティングの一部である限りは、同様にアクセス数が重要であることには変わりありません。しかしコンテンツマーケティングの目的が、顧客に有用なコンテンツを提供することにより顧客との中長期的な関係を構築することであるならば、コンテンツへのアクセスは単なる手段でありゴールへの道程に過ぎません。いくら「良いコンテンツ」を作成して顧客に「見て」もらっても、それだけで満足してしまうことは危険とも言えるでしょう。

●「完読」は一種のエンゲージメント
それでは一体私たちは顧客にどうしてもらいたいのでしょうか? 考えてみればすぐ分かりますが、役立つコンテンツならしっかりと読まれずはずであり、顧客も最後まで読みたくなるはずです。それならば私たちの「当面のゴール」は、コンテンツが最後まで読まれること、と言えないでしょうか。ということはコンテンツの「完読率」がコンテンツマーケティングの成否を測る上での重要な指標の一つということになります。

●最後まで読まれるコンテンツとは
「最後まで読まれるコンテンツ」を一言で語るのは難しいです。なぜならコンテンツの内容や表現またデザインなど、実際には多くの要素が関連してくるからです。しかし、最後まで読まれるコンテンツに備わるべき条件であれば具体的に提示することが可能です。

1.「顧客の心理や多様な嗜好を理解している」
2.「顧客の”知らないこと”が書いてある」
3.「顧客が時間を掛けずに”理解できる”表現」
4.「コンテンツ全体にワクワクするストーリー性がある」
5. 「視覚に訴えるような内容、表現である」

これらは、最後まで読まれるコンテンツの具体的な条件です。もちろん、これらが読まれるコンテンツが備えるべきすべての条件というわけではありません。しかし、少なくともこのような条件が満たされていないコンテンツについては、最後まで読まれる可能性は低いと言えます。そして最後は、自分が作ったこのコンテンツは「人が最後まで一気に読んでしまうほど面白いものか?」と問いかけることが必要となるのです。
plllogo33