2016
06.30
0701

地域特化コンテンツマーケティングの可能性


コンテンツマーケティングはSEOキャンペーンの成功に欠かせません。これまでは有名ブランドや大手マーケティング支援会社が中心に展開してきましたが、最近では中小企業やベンチャー企業での活用が広がっています。コンテンツマーケティングは小規模なビジネスであっても、より大きな企業と競争するための手段となってきました。

地域に特化した中小企業はコンテンツマーケティングにおいてユニークな強みを持っています。大手のブランドは幅広い顧客層に訴求するために大規模なキャンペーンを展開しなければなりませんが、中小企業は極めて狭い地域のユーザーへ向けたコンテンツを作成できます。多額の予算や大規模な“バズ”に頼らずとも、その地域のニーズに合致した情報を提供すれば、ユーザーからの高い評価が獲得できるのです。

地域特化コンテンツマーケティングを始めるには、2016年が最適な時だと言えるでしょう。インターネット上はコンテンツで溢れかえっています。インターネットが始まってから2003年までに作成されたコンテンツの総量が5エキサバイトであるのに対し、2013年時点では、驚くべきことに“毎日”5エキサバイトのコンテンツが作成されるようになりました。いずれのブランドもコンテンツマーケティングに取り組んでいる現状を考えると、この傾向は毎年強まっていくでしょう。地域に特化したコンテンツで違いを生み出す必要があるのです。
地域特化コンテンツマーケティングにはいくつかのメリットがあります。まず、有望な見込み顧客をサイトに誘導できる点です。地域で絞り込みを行うと、より質の高いリードを獲得できます。また、サイトへの外部リンク獲得にも貢献します。優れたブログや解説記事は他のサイトから引用されるケースが多くなります。そして、ソーシャルメディアでの共有・拡散が期待できるのも魅力でしょう。地域に特化したコンテンツは地元の人々から共感が得られやすい傾向があります。最後に、その地域でのブランド認知向上に寄与します。その地域でのリーダー企業になれば、多くの機会が拡がるでしょう。

コンテンツマーケティングは成果が上がるまで時間がかかりますが、将来的には多くの訪問者・リンク・見込み顧客を得る手段になり得ます。地域に特化すると、最適な読者に適切なコンテンツを提供できるのが利点です。自社サイトに投稿したり、あるいは地域に特化したメディアに寄稿したりすると、SEOキャンペーンの成果が向上できるでしょう。
plllogo33
参考資料
https://www.searchenginejournal.com/guide-local-content-marketing/155933/
著者:Takayuki Sato