2016
05.11
0511-2all

良質なコンテンツの正しい定義を理解する


コンテンツマーケティングの本質は、「良質なコンテンツ」を作ることです。しかし、良質なコンテンツの正しい定義を理解している人はそれほど多くないように見受けられます。裏を返せば、良質なコンテンツの作成を正しくできるようになるだけで周りとの差別化ができるというわけです。この記事では良質なコンテンツを作る前に知っておきたい思考方法をご紹介いたします。

●良質なコンテンツの定義とは?
良質なコンテンツの定義は文字数やキーワード含有率では表せません。ずばり、「ユーザーの潜在的なニーズを100%満足させるコンテンツ」こそが良質なコンテンツといえます。言い換えれば、ユーザーが自分でも気づいていない欲求を非常に伝わりやすい語り方で解説するコンテンツのことなのです。

●良質なコンテンツの具体例
例えば、「コンテンツマーケティング」というキーワードでユーザーが検索した場合、そのユーザーはどんな情報を求めていると予想できるでしょうか。恐らくコンテンツマーケティングの意味や具体例を知りたいと思っていることでしょう。しかし、それらを「なぜ」知りたいと思っているのでしょうか。
1つの答えとして「コンテンツマーケティングを実践してみたい」ひいては「コンテンツマーケティングを導入することで自社製品の売上を伸ばしたい」のではないでしょうか。この場合、コンテンツマーケティングの説明だけでなく、実践方法や導入実績の例まで紹介すると潜在ニーズにまでアプローチできる良質なコンテンツを作ることができます。

●良質なコンテンツを作成するための方法
先ほどの具体例で少しご紹介しましたが、「ユーザーの潜在的なニーズをできるだけ正確に予想すること」が良質なコンテンツ作りには欠かせません。潜在的なニーズの予想とは、ユーザーのニーズに対してさらに「なぜそのニーズを持っているのか」という疑問を投げかけてみるということです。こうすることで、潜在ニーズに近づいていきます。

●まとめ
良質なコンテンツを作成するには、ライティングスキルが重要視されがちです。しかし、何をライティングするのか考える思考方法は、時としてライティング以上に大切です。今回ご紹介した方法でサイト訪問者の潜在ニーズを予想する習慣をぜひ身に付けてくださいね。
plllogo33