1. HOME
  2. ソーシャルメディア
  3. 観光業にとってソーシャルリスニングが重要な理由
ソーシャルメディア

観光業にとってソーシャルリスニングが重要な理由

旅行者はオンラインで事前調査を行い、多くの口コミに目を通している

旅行の話題はソーシャルメディアで最も多く取り上げられる話題の一つです。Instagramや口コミサイトには常に旅行に関する投稿がなされ、好意的な評価から、偽情報・風評被害まで様々な情報が溢れています。これらの情報を監視・分析するソーシャルリスニングの手法について、Mediatoolkit社が解説しています。

旅行者は、多くの時間をオンラインでの事前調査に費やしているため、好意的な評判を構築することは重要です。近年は、95%の旅行者は予約前に口コミを読み、85%の消費者はその企業が信頼に足ると判断するまでに10個のレビューに目を通すというデータが報告されています。また、85%の消費者は企業がソーシャルメディアで情報発信を行うことを期待しており、旅行中に行うアクティビティの4割以上がオンラインで予約されています。

ソーシャルモニタリングにより、口コミや競合の動きをリアルタイムに把握する

旅行者がオンライン上の情報を頼りにしている点を考慮すると、一つでも否定的なレビューが掲載されていれば、それを目にした旅行者は、即座に他の宿泊先や別の行き先へと考えを変えてしまうでしょう。ソーシャルモニタリングツールを導入しておけば、否定的な口コミをリアルタイムに検知し、同様の問題が発生しないよう、対応ができます。誤解があればそれを正すよう返信できるし、適切な回答によって否定的な意見を好意的な印象へと変えられる場合もあります。

ソーシャルメディア上における競争相手の動きを正確に把握できれば、競争上の優位を確保できます。もし売り上げが想定よりも伸びていなければ、競合他社が値引きキャンペーンを実施して、顧客が奪われているのかもしれません。ソーシャルモニタリングツールでは、競合の投稿を監視し、自社の業績に関わる動きを検知できます。

ソーシャルメディアを市場調査に活用し、見込み顧客を獲得するアイデアについて考える

ソーシャルメディアは見込み顧客を獲得するアイデアが生まれる場所でもあります。例えば、自社が営業する地域へ旅行する際に知りたいことや、困っていることをつぶやいているユーザーがいれば、それに対する解決策となる商品に関するキャンペーンを実施できるからです。ダイレクトメッセージで具体的なオファーを送ってもいいでしょう。見込み顧客とエンゲージメントを高める良い機会となります。

まとめ

オンラインでの評判を監視するのは、現代の観光業には必須の取り組みとなりました。否定的な口コミや偽情報が出回っていれば、どんなにマーケティングに予算を投入しても、顧客は離れてしまいます。ソーシャルモニタリングツールで即時に情報を収集し、適切な対処をとるようにしましょう。