2014
11.21
boxwide

付加価値を持ったコンテンツが上位表示される時代


コンテンツマーケティングを進めていく中でSEOによる集客の重要性を意識しない訳にはいきません。そして現代のSEOにおいて最も必要とされる要素は、そのコンテンツがいかに「付加価値」を持っているかどうかという点にあると言えます。

以前まではこの点にさほど注力せずとも、外的アプローチの質によっては上位表示を達成するケースも多く見られましたが、現在は避けては通れない要素のひとつとして、「コンテンツの質の向上」が挙げられます。

「正しい情報を提供しているサイト」=「上位表示」という時代は終わりつつあり、今後は「よりオリジナリティのある付加価値を有したサイト」が優位性を持つこととなり、結果として上位表示されることになるでしょう。正しい情報を盛り込んだコンテンツを大量に構築するのではなく、価値のあるコンテンツを生み出すことにフォーカスしなければならなくなっているのです。

ここで混同してはいけないのが、ただ単に「オリジナリティに富んだコンテンツ」と、「オリジナリティに付加価値が加わったコンテンツ」は異なるという点です。付加価値のある情報として筆頭にあげられるのは「ユーザーの役に立つ」ということです。つまりユーザーの求めるコンテンツに加え、それに関連するユーザーにとって役立つ情報を盛り込むことで付加価値を生み出すことができます。

また、オリジナリティとは簡潔に言うと他のサイトとは異なる情報を盛り込むということです。これはSEOの基礎的な部分でもありますが、競合のサイトには含まれていないようなコンテンツを付加することが好ましいということですね。

なにかと外的要因ばかりに目が行きがちなSEOですが、「ユーザーにより良い価値を提供する」という点により重きを置いてみると、コンテンツをイメージしやすいのではないでしょうか。

短期的に見るとまだテクニカルな要素だけで上位表示できる可能性もある訳ですが、中長期で考えるとそういった手段に注力するのではなく、あくまでサイトが保有する情報の質を重視した方がサイトの資産になり、結果として検索順位に反映されやすいということを意識することが大切ではないでしょうか。

cpf2