2017
03.22
48-2

イタいコンテンツにならないためには、何が大切か?


コンテンツを作り続けていくと、どうしても客観的な視点が抜け落ちてつい独りよがりなになっていくもの。
そういったいわゆる「イタいコンテンツ」にならないようにするには、どういったポイントが大切になるのでしょうか。

ターゲットに向けた記事になっているか?
設定しているターゲットに向けた記事になっていますか?逐一確認しましょう。また、今設定しているターゲットがそもそも正しいものなのかというところも含めて検討することも大切です。ターゲットは常に一定ということはなく、時が経てば変更しないといけないこともあります。

理解されるものと認識でコンテンツを作っていないか?

ターゲットに温度感を合わせた記事になっていますか?経営者向けのものであれば専門的で信頼のある文体、主婦層向けのものであればわかりやすく丁寧な文体と、ターゲットによって文体や温度感は変えないといけません。ユーザーに理解されるものという認識でコンテンツを作ってはいけません。ターゲットに目線をあわせてコンテンツを作ることが大切です。目線が合っていないコンテンツであれば、内容が良くてもすぐに離脱されてしまうでしょう。

内輪向けのコンテンツになっていないか?
内輪にしかウケない記事もあっても良いと思いますが、内輪向けの記事ばかりでは、訪問するお客さんは一向に増えないでしょう。執筆をする人は、なかなか執筆したコンテンツに客観的視点を持ちにくいので、執筆したものを客観的にチェックする編集のポジションの人を配置して、しっかりと精査する必要があるでしょう。

「ただ良いコンテンツ」になっていないか?
ただ良いコンテンツでは、コンテンツマーケティングは完成しません。成果を求めるのであれば、良いコンテンツであるのは最低条件で、さらにお客さんを行動(シェアや購買など)に促すコンテンツでないといけません。情報が多い昨今、良いコンテンツはそこら中に存在します。大切なのは、そのコンテンツが読まれ知られシェアされるに値するかどうかです。
pushlogo34