1. HOME
  2. ZOOM
  3. ウェビナーの参加者を集めるためのベストプラクティス
ZOOM

ウェビナーの参加者を集めるためのベストプラクティス

ZOOM, ウェビナー

アクセス解析ツールから見込み顧客が現在興味を抱いているテーマを選定する

ウェビナーは効果的に集客する手段として注目が高まっています。しかし、ウェビナーを成果につなげるには、製品やサービスを紹介するだけではなく、包括的な戦略が求められるものです。MegaMeeting社がウェビナーを使ったマーケティング手法についてベストプラクティスを紹介しています。
ウェビナーは計画段階から周到な準備が必要です。アクセス解析ツール等からユーザーが興味を抱く旬のテーマを選定し、ウェビナーの構成に反映させます。発表資料は視覚的に分かりやすいものにして、参加者の興味を惹きつけるよう促します。また、ウェビナーの規模や目的に応じて、Zoom等のツールを選定しておかなければなりません。加えて、ウェビナーの登録を促進するランディングページを作成し、見込み顧客にとって、ウェビナーを視聴することに、どのような利点があるのかを明確にしておきます。

オンライン広告やソーシャルメディアを通じて幅広いユーザー層へリーチする

ウェビナーに十分な参加者を集めるためには、数週間の時間をかけ、複数のチャネルでプロモーションを行うことが推奨されます。ソーシャルメディアやメールマガジンでフォロワーに通知するのはもちろん、それ以外の見込み顧客へリーチするために、オンライン広告を出稿するのも有効です。関連するテーマについてブログを作成したり、専門家に記事を寄稿してもらったりする方法も、検索エンジンを通した集客に効果があります。

フォローのメールで、次回のウェビナーを予告し、リピート参加を促す

ウェビナーを開催した後は、フォローのメールを送るのを忘れてはいけません。期間限定で録画映像を公開する、あるいは、ウェビナー参加者限定でクーポンを発行するなど、優遇措置を与えると、見込み顧客にとってウェビナーへ参加する動機が上がるでしょう。加えて、次回のウェビナーの予告をすると、満足度を高めた参加者がリピートして視聴してくれる可能性が高まります。

まとめ
ウェビナーを通してビジネスを成長させるには、その開催方法に対して、時間と予算を費やす必要があります。上記のベストプラクティスを実践すれば、ウェビナーの参加者を増やし、ブランド認知を高める効果が期待できます。


参考資料
https://www.megameeting.com/news/webinar-marketing-best-practices/
著者:Takayuki Sato