2014
04.04
pen

コンテンツマーケティングに必要なライティング力とは?


コンテンツの文章を読んでもらうためにはどうしたら良いのか。
ライターではないマーケティング担当者の中には、どのようにすれば読まれる文章を作成できるのか悩んでいる人も多い。そこで今回はユーザーの閲覧動向やライティングの手法などについてまとめてみたい。

ヤコブ・ニールセン博士の調査結果によれば、大半のユーザーがWEBコンテンツを流し読みをしていると言われている。また、印刷物などよりもWEBコンテンツを読むスピードの方が遅いと言われており、そのため途中で閲覧することを諦めてサイトから離脱してしまうユーザーも少なくない。

ニールセン博士はこのような傾向の対策として「結論や言いたい事は最初に言う」という事を推奨している。

最後まで読んでくれない可能性があるということも考慮して文章を作る事が大切だ。

そして文章を作成する上では受け取る相手がどう感じるかを最優先に考える必要がある。そんな事は当たり前ではないかと思われるかもしれないが、意外とこれが難しい。

例えば一般向けのコンテンツに社内や関係者にしか分からない言葉は使われていないだろうか?読者ではなく、上司や同僚に刺さる言葉や言い回しで書かれていないだろうか?
受け手はどんなユーザーであるか、その言葉はターゲットであるユーザーに刺さる表現となっているかについて良く考える必要がある。

また、コンテンツマーケティングでは読者に「持ち帰ってもらう情報」が含まれていることが望ましいため、読者の知りたい事や課題解決に繋がるような内容を検討するのも良いだろう。

視覚的な要素においては箇条書きや段落による構成を意識し、1段落で伝えたい要点は極力少なくするなどしてシンプルな構成を心掛ける事も大切である。イメージとしては、読者が仕事の合間に読めるくらいの分量が理想である。

以上のような点に注意しながらコンテンツの構成や内容を見直してみてはいかがだろうか。
plllogo33