2015
10.05
1005wide

メルマガのコンテンツに取り入れたい3つのこと


コンテンツマーケティングを成功させるためにメルマガを活用することは有効な手段です。メルマガで顧客と接点を持ち、そこからサイトへ誘導することで、見込み客へのステップアップ、あるいは購入へと結びつけることができます。

そこで、今回はコンテンツマーケティングでメルマガを活用する際、コンテンツの要素として取り入れたい3つのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1. メルマガで共感を得る

コンテンツマーケティングで重要なことはユーザーの共感を獲得することです。ユーザーから共感が得られないとリピートしてもらえませんし、ソーシャルメディアでシェアしてもらうことも期待できません。
共感を得る手段としては、事例やお客様の声を活用する方法があります。例えば、有名企業のケーススタディや事例、顧客から寄せられた意見などは共感を得やすいでしょう。特にメルマガのタイトルや見出しに事例やお客様の声を含めておくと、メールの開封率が高まります。

2. メルマガで興味を惹く、もっと知りたいと思わせる

ユーザーの興味を惹きつける魅力的な情報を提供できるかも重要な要素です。メルマガを開いた瞬間、ユーザーの視線を惹きつけるには、画像や図、動画などを活用します。
グラフィックは視認性が高く注目を集めるとともに、情報が何を示しているのか瞬時に理解しやすい性質があります。特に動画の場合は印象的なシーンを画像としてメルマガに掲載することで、さらに続きを見たいと思ったユーザーのためにリンクを用意しておき、サイトへの誘導に繋げることができます。

3. メルマガの有益性を印象づける

コンテンツマーケティングにおいてメルマガが優れているのは購読者に継続的に情報を伝えることができる点です。そのため、購読し続けてもらうにはどのような内容が良いかという視点でコンテンツを作らなければなりません。
ユーザーがメルマガを継続する大きな理由として、有益な情報が得られるということが挙げられます。例えば企業の持つ統計や知見などの情報です。企業によって蓄積された統計や知見は専門的な情報ですので、具体的な数値が掲げられた根拠ある統計調査や、専門企業ならではの知見をふんだんに盛り込んだメルマガなどは、購読者にとって有益性の高いコンテンツとなるでしょう。
plllogo33