2019
11.11
16

読者に「魅力的」と思わせる!CTRを上げるタイトルの付け方のポイント3つ


insta1.fw_
コンテンツマーケティングをしている会社にとって、“魅力的な記事タイトル”をつけられる編集スキルは、おさえておくべき技術のひとつ。

たとえばファッション雑誌。最近は豪華なふろくを目当てに購入する人が多いですが、雑誌の購入理由第二位に“内容が魅力的そうだったから買った”という調査結果もあります。

どれだけ中身にいいノウハウや企画を用意していたとしても、まずは読んでもらわなければ意味がありません。雑誌のようにふろくがないWEBの記事は、雑誌以上にタイトルが重要になってくるといっても過言ではないでしょう。

クリック率(CTR)が高いタイトルに共通するポイントは主に3つ。「信頼性があるか」「自分(読者)に関係があるか」「わかりやすいか」。読者はこれらを見て、記事を読むかどうかを判断しています。

■「信頼性があるか」を判断する基準

【料理家●●さん監修レシピ】【女子大生100人に調査した結果】など、専門家や数字の調査データがあると信頼性はウンと上がります。

■「自分に関係がある記事」だと思わせる

【面接が苦手な人必見】【10年後日本で●●がなくなる!?】など、「自分に関係のある記事か」を思わせるのは非常に重要です。読者の顔を思い浮かべながら、その人に向けたタイトル設定を意識しましょう。

■ひと目で頭に入ってくるような「わかりやすい」タイトルを

ビジネス系の記事でしてしまいがちなことでいうと、専門用語や漢字を使いすぎること。SEOからの集客を狙っている場合は特に、「意味がよく分からないから検索で調べているのに、タイトルが難しそうで読む気がしない」とクリックする気をなくしてしまう可能性も。

【恵比寿のお店まとめ】→【恵比寿のカフェまとめ・人気の8店】など、タイトルに数字を入れると、「この記事を読むのにそこまで時間がかからなさそう」と読む前からイメージもしやすくなります。

■競合との差別化がはかれるタイトル(コピー)だとなお良い

受動的なプラットフォームであるSNSでは、より差別化がはかれるタイトル(コピー)をつけられるとより良いクリック率を見込めるでしょう。【●●史上ナンバー1】【人生を変えた●●】など、他の記事にはない印象深いタイトルをつけられるのは強みになります。タイトルだけにこだわりすぎて、中身が伴っていないのはNG。記事に相応しい、魅力的なタイトルをつけるよう意識しましょう。

雑誌やCMのコピーライターがいるように、WEBでも魅力的なコピー(タイトル)をつけるのはサイトの集客において非常なポイントの一つ。今まで意識していなかった方は、ぜひ今までのタイトルを見直してみてくださいね。
1-2.fw_