2016
07.11
0708

買いたい気持ちを高めるためのオファー方法


顧客に対して何かしら背中を押すようなものがないと、なかなか購買に踏み切っていただけません。そこで顧客はどのような情報を与えられると、購買意欲が高まるのか解説していきます。

顧客は商品に魅力を感じても、何かしら最後の一押しが無いと購買に踏み切ってくれません。一押しにはさまざまな切り口が存在します。お得な情報や安心感を与える内容などさまざまなものがあります。今回はその一押しとしてオススメの方法を厳選してご紹介します。

●商品の特長を強調する
まずはオーソドックスな方法として商品の特長や魅力を強調するという方法です。他社製品には存在しない強力な特長があるのであれば、そのことを何度も強調しましょう。決定的な差別化が1点あるのであれば、それだけで購買意欲を煽ることができます。決定的な差別化要因は機能比較表などの導入で存在を際だたせることが可能です。表現方法にもいろいろな工夫をしてみましょう。

●購入者特典を期間限定でつける
続いて購入者特典をつけるというものです。ただし、期間限定です。訪問者のクッキーを元に初回訪問時から3日以内などの期間を設けましょう。その間に購入すれば特典マニュアルなどプレゼントを提供するのです。購入者特典の期間が終了する間際にメルマガで告知をするなどすれば、成約が見込めます。また、購入者特典の中に「マル秘情報を提供するメルマガ」などを用意すればリストの収集にもつながり、二重の効果が見込めます。

●保証を導入する
保証を導入することで顧客に安心感を提供できます。保証の具体例としては「返金保証」や「サポート保証」が挙げられます。返金保証は「購入から1年間」などの期間を指定することと、返金条件を指定することを忘れないようにしましょう。保証は時として悪用される恐れがあります。商品を使用するだけ使用して返金を要求する顧客も稀に存在します。返金保証は購買のハードルをグッと下げますから、基本的に導入しておくことをオススメします。

●まとめ
購入を決定してもらう最後の一押しにはいろいろな方法があることを知って頂けたと思います。どれも技術的に困難なものは無く、少しの工夫で取り入れることが可能です。他にもご自身の買い物体験を振り返ってみて効果的だった事例など思い出してみてくださいね。
plllogo33