2016
01.29
0129all

魅せる文章を書く!コピーライティング3つの基本原則


コピーライティング力を身につけるためのコツは場数を踏むことです。つまり、何度も書いては練り直すといった経験をしなければコピーライティングのスキルはなかなか身につきません。

しかし、ただ数をこなすだけではいくら経験を積んでも悪い癖が身につくだけ。場数を踏む前に、まずはコピーライティングの基本原則を理解しておくと効率的にスキルを身につけることができます。そこで今回はコピーライティングの基本原則を3つご紹介します。

基本原則1:興味を惹き付ける
まずは読者の興味を惹きつけます。興味を惹きつけるためのポイントは、「自分のことだ」と読者自身に感じてもらう必要があります。例えば、美容液のセールスレターを書く場合は乾燥肌のデメリットについて詳細に書きます。「冬場の風呂あがりに肌から粉が出る」、「夏場はあせもが止まらない」など、ユーザーは自身に関することであれば具体例が細ければ細かいほど興味を抱きやすくなります。

基本原則2:具体例を提示する
読者と共有した悩みを放置して悪化した場合の具体例を提示します。例えば「あせもがひどくなって、皮膚が荒れてしまった」、「荒れたところに皮脂が溜まって、醜いニキビに!」、「ニキビが化膿して皮膚炎になってしまった」など。つまり、「あなたの今抱えている悩みは放置すると大きな問題になってしまう可能性がある」ということを過去の具体例を持って示すわけです。そうすることで読者は自然に「解決策」を求めるようになります。

基本原則3:解決策を提示する
読者の解決策へのニーズが高まったところで、告知や成約に繋げたい商品を解決策として提示します。解決策の提示は「商品の特長」と、関係する他の商品との「差別化要因」を強調しながら書いていきます。

通常のコピーライティングは、商品説明の部分に重きを置いて説明するケースが多いです。しかし、本当に重要なのは商品説明を始める前の段階なのです。極端に言えば、どうやって顧客を「商品が欲しい心理状態に持っていくか」ということがコピーライティングの肝となります。ぜひ参考にしてみてください。
plllogo33