2016
06.03
0603

1分で即実践できる!PVをアップさせる3つのタイトル作成テクニック


コンテンツマーケティングにおいて、最も身につけやすく高い効果も期待できるスキルは「タイトル作成スキル」です。サイトタイトルや記事タイトル、記事の小見出しなども含めると、タイトルを作る機会というのは非常に多いのです。

「記事を読んでもらえるか」
「コンバージョンにつながるか」

これらは、「タイトルで惹きつけられるかどうか」にかかっています。そこで今回は、コンテンツマーケティングで役立つコンテンツのタイトル付けのテクニックを3つご紹介します。

●テクニック1:「数字」を入れる
文字だけのタイトルは目を惹きません。他のタイトルに埋もれてしまう危険があります。そこで数字の出番です。数字はその記事のもたらしてくれる効果についてすぐにイメージできるような力を持っています。例えば、「3つのテクニック」や「効果が2倍」などは魅力的に映ります。

数字は大きすぎてはいけません。目安として、「3~5」が良いでしょう。一方で、数字が大きいことで魅力が引き立つケースもあります。それは具体例を紹介するケースの記事です。例えば、「デザインの参考になるサイト20選!」や「魅力的なキャッチコピー10選!」などです。記事テーマによって、数字を使い分けるようにしましょう。

●テクニック2:「キラーワード」を入れる
キラーワードを入れることで、タイトルにインパクトをもたせることができます。キラーワードとは、いわゆる「殺し文句」のこと。具体的には、「集客を最大化する」、「業界激震」、「誰も教えてくれない」、「初心者必見」などです。
キラーワードには、安易に使い過ぎると優良誤認を与えてしまうというリスクがあります。良識の範囲内で、これらの言葉を入れましょう。

●テクニック3:「役に立つこと」を明示する
最後に「役に立つことがわかる」ということをタイトルで表現しましょう。例えば、「検索順位が上がる」、「成約率が上がる」、「クリックしてもらえる」などです。

※本記事のタイトルではこれらのテクニックをすべて活用しています。

今回ご紹介したテクニックを使うことで、タイトルの魅力アップをカンタンに実現できます。そして、テクニックは実際に活用してこそ自分のものにできます。皆さんもぜひ、記事制作でのタイトル付けを通してテクニックを身につけてみてはどうでしょうか。
plllogo33