2019
01.17
0117

2019年、無視できないコンテンツマーケティングのトレンド


消費者の購買意欲を喚起するオリジナル・コンテンツ

コンテンツは企業と顧客を結びつける存在です。近年のマーケティングにおける傾向を見ると、売り込みに力を入れるだけよりも、コンテンツを活用した方が自然な形でエンゲージメントを高め、キャンペーンの成果を飛躍的に高めてくれます。コンテンツへの期待が高まる今、オンラインメディアSocial Media Todayは、2019年に注目するべきコンテンツマーケティングのトレンドを紹介しました。
78%の消費者は、自身に関連の強いコンテンツを見た後に購買意欲が高まるとの調査があります。消費者が、自分との結びつきが強いと感じるコンテンツを作成するには、マーケティング担当者の経験やアイデアに基づき、オリジナルの投稿を行うべきです。手抜きをしていては、何度も共有されるバイラル現象を起こすことはできません。

マイクロ・インフルエンサーとの共同コンテンツ制作がブランド認知につながる

マイクロ・インフルエンサーは、ニッチな業界でリーダー的な存在になってきました。共同でコンテンツを作成すれば、その影響力を活用し、長期間、価値を維持するコンテンツになり得ます。どの規模の企業にとってもマイクロ・インフルエンサーは、ブランド認知を早く高めるために優れた手段です。
スマートスピーカーやモバイル機器での音声検索が増加する今、消費者の質問にすぐに回答できるコンテンツを用意しておく必要があります。キーボードで入力するキーワードとは異なり、会話形式で入力される単語を考慮しなければなりません。

長尺の動画でストーリーを伝え、顧客とのエンゲージメントを高める

動画を制作した経験のない企業は2019年に開始してみてはどうでしょうか?Instagramストーリーのような短い時間の動画を作っていた企業は、長時間の動画制作に挑戦すると、高いSEOの効果が得られる可能性があります。
ブランドにまつわる物語を伝えるスキルは、マーケティング担当者にとって欠かせません。企業が存在する目的や行っていることを、ストーリーとして伝えると、顧客とのエンゲージメントを高め、長期的に大きな違いを生むものです。

まとめ
ソーシャルメディアやマーケティング技術に関する最新情報は次々と現れていきますが、それらを追いかけていくだけでは成功に辿り着けません。自社にとって必要な施策を選択し、競争に勝てるよう計画・実行する態度が求められます。
1-2.fw_
insta1.fw_

参考資料
https://www.socialmediatoday.com/news/7-top-content-marketing-trends-you-cant-ignore-in-2019/544579/
著者:Takayuki Sato