2016
09.05
0905

FacebookとSnapchat、あなたの会社にとって最適なチャネルはどっち?


Snapchatは “すぐに消える機能” を売りに大きく成長を遂げました。特に若者からの支持が際立ち、米国では18~34歳の41%がSnapchatを使っています。一方で、Facebookを支持する年齢層はやや上がりますが、それでも16億人を超える月間アクティブユーザーを誇り、SNSにおける世界一の分野を譲りません。

Snapchatが優れているのは、その先進的な機能です。メッセージが閲覧できる期限が設定されているため、ユーザーはすぐにアプリを開きたくなり、結果として、利用率を押し上げます。その他にも、Snapchatが導入したタテ型動画は、広告キャンペーンにおいて効果が高いことが知られています。さらに、動画を加工する機能が充実しているため、若者層が楽しさを感じるのは、FacebookではなくSnapchatです。

Facebookはユーザーとの結びつきに強みを発揮します。米国では毎日平均で22分をFacebookで費やすとの調査があります。企業アカウントが期待するのは、自社の最新ニュースを配信するなど、ビジネス目的の機能です。特に、2016年に導入が始まったチャットボットによって、ユーザーとの対話を自動化し、より頻度を高めるため、ビジネス機会の拡大が期待されています。そして、動画についてはSnapchatと激しい競争を繰り広げており、Facebookはニュースフィード内のネイティブ動画や360度動画に注力してきました。

広告に関しては、Facebookが圧倒的にSnapchatを凌駕しています。ここ1年間でFacebookは広告主が50%増加し、2016年第一四半期では300万社がFacebookを使うようになりました。広告主にとっては、Facebookのターゲティング広告によって正しい顧客層に訴求できるのが大きなメリットです。一方で、Snapchatは広告ビジネスを立ち上げたばかりですが、その可能性は大きいと見られています。Snapchatの広告は、他のプラットフォームに比べて5倍のクリック率に達するという調査もある程です。

2016年、Snapchatの成長は目を見張るものがあり、既にTwitterやPinterestよりも大きな存在感を示しています。ビジネスの観点では、まだFacebookに劣る面が多く見られますが、今後の発展が期待されています。
pushlogo34
参考資料(https://searchenginewatch.com/2016/07/25/facebook-vs-snapchat-which-is-the-best-for-your-brand/)
1-2.fw_