2018
11.14
1114

Instagramマーケティングをアウトソースする際の注意点


画像素材の購入や、写真家への外注が最も簡単なアウトソーシング

中小企業や個人ブロガーにとっては、Instagramのコンテンツ作成をアウトソースするのは大きな挑戦に思えるかもしれません。しかし、Instagramマーケティングに要する時間が負担に思えてきた場合は、アウトソースを始めるべきタイミングだと言えます。Instagram管理アプリPlannがアウトソースする際の注意点をまとめています。まず初めに考えられるのは写真撮影の外注です。画像素材を購入したり、必要な写真を撮影してくれる写真家と契約したりする方法があります。Instagramでは写真の品質が重要です。品質があがれば、フォロワーが興味を示してくれる可能性が高まります。

文章作成や投稿作業を外注すると、効果的な負担軽減が可能

写真が好きでも文章が苦手であれば、コピーライターと契約し、キャプション文の作成をアウトソースすると効果的です。事前にブランドの方針を詳しく説明し、その業界・企業でよく使う文言や言い回しを伝えておくと、本物らしい文章が期待できます。Instagramの運用がおろそかになってしまう企業では、投稿そのものを外注するのがおススメです。あらかじめ1、2か月分のコンテンツ計画を作成しておき、運用自体は外注先に任せてしまいます。運用にかかる負担が軽減されます。

コピーライティングやカスタマーサポートの経験のある人材には顧客対応も依頼可能

投稿するのは好きでも、コメントに反応したり、メッセージに応えたりするのが苦手な場合、エンゲージメントの作業だけアウトソースする方法があります。コピーライターとカスタマーサポートの経験を持った人に外注し、顧客対応を依頼します。顧客との関係性を改善し、売り上げを向上させる確率が上がるでしょう。Instagramマーケティングの負担が大きい場合、全ての作業をアウトソースするべきです。経験があり、ブランドと親和性があり、単価や契約面でも問題ない専門家を探し、作業を依頼します。初めは一部の作業のみを外注し、満足できた場合のみ、全ての作業をアウトソースすると良いでしょう。

まとめ

Instagramマーケティングのアウトソースを過度に恐れる必要はありません。一つ一つのステップをよく確認し、信頼できる人材をチームの一員に加えるよう心がけると、アウトソースの優れたメリットを享受できます。
insta1.fw_
参考資料
https://www.plannthat.com/outsource-your-instagram-marketing/
著者:Takayuki Sato