1. HOME
  2. twitter
  3. Twitterは他の媒体でのコンテンツを拡散する用のSNS?最新のTwitter活用方法についてご紹介!
twitter

Twitterは他の媒体でのコンテンツを拡散する用のSNS?最新のTwitter活用方法についてご紹介!

twitter

Twitterの活用方法は企業や商品によって異なりますが、最近では「他の媒体でアップロードしたコンテンツを上手く拡散する用のSNS」として使用されている等の例も多く見られます。最新のTwitter活用方法についてご紹介します。

■ニュース機能として使用する

Twitterでのライブ配信機能やアンケート機能等を利用している公式アカウントも多くありますが、今やTwitterは、他媒体でアップロードしたものを「ここでコンテンツが更新されましたので見に行ってください!」というようにニュース機能として活用しているアカウントが多く見られます。例えば、アップロードしたyoutube動画や関連記事やInstagramの投稿への遷移など、Twitterは他SNSに遷移させるにはとても相性がいいと言われています。その際はサムネイルをつけたり、ハッシュタグを上手く使いこなし、工夫しながら投稿して、日々更新があるよう心がけましょう。

■隈なくエゴリサーチをして、ユーザーと関わりを持つ

企業名やサービスについてツイートしてくれているアカウントに関しては、隈なくリツイートしたりコメントしたりすることをおすすめします。地味かもしれませんが、リアクションがあるとユーザーは更にファンになってくれ、企業やサービスを応援してくれるようになります。多少ネガティブな記載であっても「ご意見ありがとうございます」という意味でのいいねをしてみたり、アクションを起こしてみましょう。

■キャンペーンを行ってみる

現在Twitter上では様々なキャンペーン施策が行われています。例えば「フォロー&RTで〇〇プレゼント」等というもの。この施策により、フォロワーや記事へのインプレッションが増え、サービスや企業への認知が高まります。継続的なファンになってくれるかはその後の投稿内容にもよりますが、コンテンツを拡散する機能として使用するには、大前提まずはフォロワーがいなければ意味がないので、はじめはこのようなキャンペーンを行い、その後に集まったフォロワーを定着させる施策を行うのもいいかもしれません。

ご紹介したように、Twitterは様々な使用法があります。ぜひそれぞれのアカウントに合った使用方法を試してみてはいかがでしょうか