2017
03.01
1111-3

いまさら聞けない、マーケティングオートメーションの意味とメリット


マーケティングオートメーションが実際の現場に導入されてきています。おそらく現場でも「マーケティングオートメーション」という言葉を頻繁に聞くようになっているかと思います。そこで、マーケティングオートメーションの意味・内容とメリットを確認しておきましょう。

マーケティングオートメーションとは、メールやソーシャルメディア、Webなどを活用して、企業のマーケティング活動の効果を、より高く、かつ効率よくすることを目的としたソフトウェアを指します。チャネルを問わず、おこなったキャンペーンのデータを蓄積し、分析し、メール送信やフォーム機能などアクションをこなえるツールです。DMPでは情報をストックしていましたが、マーケティングオートメーションでは蓄積されたデータを活用し、適したタイミングで適した行動をおこなえます。Web担当者の負担を減らしてくれるので、Web担当者はキャンペーンの企画・実行に集中できるようになり、Doを増やすことができます。

マーケティングオートメーションを導入するメリットは主にの以下3つです。

1)Web担当者の負担を減らす

Web担当者は数値分析をおこないながら、並行して企画を立てて、実行し、また数値分析をする……という循環のなか、1人で全てを処理しなければいけないことが多いのではないでしょうか。どうしても数値分析に時間を取られ、時間のなさから新規キャンペーンをおこなえず、守りのマーケティングをおこなうことが多々あります。しかし、マーケティングオートメーションを導入すればおこなったキャンペーンの数値分析をおこなってくれます。そのため、おこなえるキャンペーンの数も多くなり、幅も広がるのです。

2)生産性の高いマーケティングが行える

今まで、数値分析は属人的な部分が多く、また分析には非常に時間がかかっていました。人が分析するため、営業・メール・電話・Webなど複数のチャネルにまたがった分析はうまくおこなわれていない部分もありました。マーケティングオートメーションを導入すれば、複数のチャネルにまたがったキャンペーンを自動で分析し、適したデータをWeb担当者に提供してくれます。また、分析に使っていた時間を新たなキャンペーン実行にあてることで、同時により多くのキャンペーンを並行して走らせることができます。

3)それぞれの見込み客に対し、適した情報提供ができる

マーケティングオートメーションでは、見込み客の有望度をはかることができます。例えば、Webサイトの問い合わせフォームまで見たユーザーと、トップページで離脱したユーザーとではサービスへの関心の度合いが異なります。それぞれの有望度によって、適した情報を提供できることがマーケティングオートメーションの大きなメリットです。

既に、日本国内でもマーケティングオートメーションを導入している会社が様々にあります。彼らの成功例から、マーケティングオートメーションの導入を検討してみてもいいかもしれませんね。
plllogo33